家電購入記:TESCOM 毛玉クリーナーで毛糸の手袋をお手入れ

シェアする

寒い時期の外出には手袋が必須です。
僕はいつも毛糸の手袋を愛用していて、いまは無印良品のスマホ対応の手袋を愛用しています。
お値段も手頃でサイズもちょうど良いので重宝しています。

今使っている手袋は3シーズン目なのですが、さすがに毛玉ができて格好悪くなっていました。
毛玉が出来ている意外には特にくたびれていないので、毛玉クリーナーを購入してみました。

まずは毛玉クリーナー選び

まずはいつものように、ネットのレビューを見ながら品定め。
価格帯は、安いものでは数百円〜高いもので3,000円くらいという事が分かりました。

安物は生地を傷つけてしまったり、刃が引っかかったりしそうなので、今回は評判重視でこちらの製品を選んでみました。

http://www.tescom-japan.co.jp/products/living/living/KD778.html

お求めはこちらから:

製品レビュー

という事で、ネットで注文してさくっと入手できました。

さっそく開梱。

デザイン:★★★★☆

IMG_1040

こちらが本体。

ちょっと大きいですが、しっかり握ることが出来て良いです。

駆動方式:★★★★★

購入するときにしっかりチェックしなかったのですが、箱を開けたらACアダプターが同梱されていてびっくり。「あれ、これAC駆動じゃん!」と返品しようかと思ってしまいました。

しかし、コンセントのあるところでしか使えないのは不便ですが、使ってみると電池式よりもパワーがあってむしろ良かったです。

機能:★★★★☆

だいぶ昔に浸かっていた毛玉取り機は安物だったので、雑に扱うと刈りすぎてしまい、生地に穴が開いたり薄くなったりしたものでした。
IMG_1041
本機はこのように、毛玉を刈るカッターの距離を3段階で切り替えることが出来ます。
今回は3段階の「高」にして使ってみたところ、刈りすぎる心配も無く毛玉だけをしっかり刈り取ってくれました。

また、刈り取った毛玉がたまる容器も十分な大きさがあります。

こんな感じで綺麗になりました

アダプターをコンセントに挿して、スイッチON。

キュイーンという音はいかにもパワーがありそうな雰囲気たっぷり。

パリパリパリという音と共にどんどん毛玉が刈り取られていきます。

そして数分後。

IMG_1038
右が何もしていない状態で、左が軽く毛玉取りをした状態。

ちょっと分かりにくいですけど、荒れ放題だった見た目がかなりスッキリしました。

このあとさらに念入りに毛玉を刈り取っていき、購入時の綺麗な状態になりました。

これで春まで気持ち良く過ごせそうです。

毛玉取り、なかなか楽しいです。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。