調理器具:取っ手の取れるティファールは専用のフタが必要

生活雑貨、家具、家電

引っ越しを機に、鍋とフライパンを新調しました。

買ったのは、「取っ手の取れるティファール」のセットです。

調理器具:取っ手の取れるティファールは専用のフタが必要

▼購入時に書いた記事はこちら。

調理器具:取っ手が取れるのは便利!ティファールの鍋セットを買ってみた
引っ越しを機に、お鍋を新調しました。 調理器具:取っ手が取れるのは便利!ティファールの鍋セットを買ってみた これまで使っていた鍋は、鍋底のコーティングがはがれてボロボロになっていたので、処分しました。 ▼そして新たに購入したのがこ...

▼購入したセットはこちら。

取っ手が取れるので、洗いやすいし、キレイに収納できるので便利に使っています。

ただ、一つ困ったことがあります。

フライパン用のフタが付属しない!

購入したセットでは、

  • フライパン(26cm)
  • ウォックパン(炒め鍋、26cm)
  • ソースパン(20cm)+フタ
  • ソースパン(16cm)+フタ

という組み合わせになっています。

ごらんの通り、2種類のソースパンにはそれぞれ専用のフタが付いています(しかも調理用と保存用の2種類ずつ)が、フライパンには付いていません。

蒸し焼きにする時や、目玉焼きを焼く時など、フライパンでもフタを使いたい時があるので、フタが欲しいのです。

どうしてこのセットにはフライパン用のフタが含まれていないのでしょう。

単品のフタが高い!

ということで、別途フタを購入する必要がある訳です。

取っ手の取れるティファールには専用のフタがあります。

それが高いんですね。

▼商品はこちら。

うーん、フタにしてはちょっとお高い気がします。

そこらのスーパーに行くと26cmのフライパンに対応したフタがお手頃価格で売っているのですが、それらだとフタがきちんとはまらないのです。

取り外しのできる取っ手は鍋のフチを掴むので、専用のフタは取っ手の部分を避けるように切り欠きが付いています。

▼こちらがその専用フタ(これは16cm用)。

取っ手の付いてる状態で鍋に乗せてみます。

▼切り欠きがあるとピッタリフタがはまる。

さすがは専用設計です。

おわりに

まあここで変にケチっても仕方が無いので専用のフタを購入しようと思っています。

フライパンにも専用のフタをセットにしてくれても良いと思うのですが、どうなんでしょうね。

今回紹介した商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました