サービス業は気配りが大事なんだけど(インストラクター見習い日記)

シェアする

「気配り」スキルが足りない僕が、果たして一人前のインストラクターになれるんだろうか?

とそんな不安を抱えながらの、合宿2日目が終わりました。

スポンサーリンク

サービス業は気配りが大事なんだけど(インストラクター見習い日記)

▼前回の記事はこちら。

寒波のおかげで、山の中は一日中マイナス気温でした。 昨日の夜からスタートした研修合宿は、今日からいよいよ本番です。 覚えることが...

標高1,500mの暮らしを舐めてた

今朝の気温はマイナス10度。寒いです。外に出るときは、頭を保温するためニット帽は必須です。

スキー用の暖かいニット帽を持っていたのですが、断捨離で捨ててしまったんですよね。こんなところで必要になるとは思っていませんでした。

標高1,500mでの暮らしを舐めてました。今度下山するときに、防寒装備を追加しようとおもいます。

空気の薄さは特に気になりません。

あと、下界で買ってきたチューブ式のクリーム(ハンドクリームとか歯磨き粉とか)は、ここで開けると気圧差で強制的に飛び出します、注意しましょう。

でも、朝起きて目の前に山がどーんとそびえ立っている景色は気分が良いです。

雪山は美しいぞ〜。

自分の引き出しに中身を揃える

今日も引き続き、初心者向けの指導法を学びました。

基本的には教則本の通りに教えていく訳ですが、コースの状況やレイアウト、お客様の種類(大人、学生、子供など)や習熟度合いなどを考慮して、バリエーショントレーニングの取捨選択が必要ですし、どのようにアドバイスすべきか?どこに意識を集中させるか?など細かな指導ポイントを、自分の引き出しに揃えていく必要があります。

スムーズに教えられるようになるには、何年かかかりそうです。

「気配り」スキルが足りない

年齢的にはもうオッサンなのですが、ここでは研修生、一番下っ端です。

なので、率先していろいろ気づいて、体を動かさないといけないのですが、なかなか気づけないのです。

ボーッとしてたら注意されました。

とっさに気づくのは苦手なので、一つずつ自分の中でルール化して動くしかないかな、と思ってます。

つづく

まだ雪山に来て3日目ですが、いろいろ難題が山積みです。

悩んでも仕方ないので、一つずつ解決していきましょう。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。