雪山生活も2ヶ月が経過。(インストラクター見習い日記)

スキー生活

12月から始まった雪山での生活も、2ヶ月が過ぎました。

シーズンも残り2ヶ月あまりとなり、このあたりが折り返し地点となります。

雪山生活も2ヶ月が経過。(インストラクター見習い日記)

ということで、最近の様子をつらつらと書いてみます。

痩せた

ほぼ毎日、雪山を滑っているので、どんどん痩せてきました。

Apple Watchで毎日の活動量を記録していますが、雪山にこもる前に比べて活動量は1.5倍〜2倍くらいになりました。

そのため、1日3食しっかり食べて、さらにお菓子も食べていますが、全然太りません。

体重は3kgくらい減りました。お腹周りも細くなって、ウェストサイズは1インチくらい小さくなりました。

体脂肪率は測っていませんが、数%は減っていると思われます。

焼けた

顔はけっこう日焼けしました。

レッスン中は屋外で活動しているので、どんどん日焼けします。

しかも、ヘルメットとゴーグルを付けているため、目から下だけ焼けているという、アンバランスな焼け方をしています。

もちろん、顔以外は日焼けしていないので、お風呂に入って全身を眺めると、顔と体の色の違いにビックリします。

レッスンには慣れた?

団体向けのレッスンや、子ども向けのレッスン、大人向けのレッスンなど、レッスン経験も少しずつ積み上がってきました。

でも、まだまだ先輩方に助けてもらいながらの日々です。

時間通りにレッスンを終えられなかったり、生徒さんに少し無理をさせてしまったり、人数が多いレッスンをまとめられなかったり、まだまだ課題が多いです。

こうしましょう、という定石(テキスト)がないので、先輩方にアドバイスをもらいながら、試行錯誤の日々です。

課題は「自分の滑り」

まだ自分の滑りが上達していないのが目下の課題です。

「全然教師らくしくない」と言われているので、もっと自分の滑りを客観的にチェックする必要があります。

つづく

なんとかクビにならずに2ヶ月を過ごすことが出来ました。

残り2ヶ月、がんばります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました