ダイソーのバケツでウッドガスストーブを作ってみた

シェアする

ユニフレームのネイチャーストーブを持っていますが、火力がもの足りないので、ダイソーで売られている商品だけを使って、ウッドガスストーブを自作してみました。

初めての自作だったので、見た目はアレですが、一応ちゃんと燃焼してくれるものが出来上がりました。

スポンサーリンク

ダイソーのバケツでウッドガスストーブを作ってみた

ウッドガスストーブとは?

ウッドガスストーブというのは、アウトドア調理や焚き火に使えるストーブの一種です。

焚き火台やバーベキューグリルのように大きな火はおこせませんが、小枝や松ぼっくりなどを燃やして、調理に使うことができます。

二次燃焼(火床で燃え切らなかったガスを燃焼室上部で燃やす)できる構造が最近のはやり?のようです。

安いものだと2,000円以下で手に入ります。

▼こんなのとか。

ウッドガスストーブを自作してみることに

購入するのが楽チンですが、今回は自作に挑戦してみることにしました。

100均の商品だけで作るウッドガスストーブは、ネットを検索すると色々な製作方法が見つかります。

灰皿や貯金箱を使ったものもありましたが、今回はバケツのウッドガスストーブに挑戦してみました。

参考にしたYouTube動画はこちら。

▼缶切りだけで作れるウッドガスストーブ【ダイソーの100円均一】

ダイソーのバケツストーブの作り方

▼さっそくダイソーで買ってきました。

購入したのは、

  • ブリキのバケツ(中)
  • ブリキのバケツ(小)
  • 土ふるい(粗目)
  • 花台(16cm)
  • ボルト・ナット・ワッシャーセット

以上5点で、合計540円です。

加工するのに必要な道具は、

  • 缶切り
  • ドリル(6mm)
  • ヤスリ
  • ニッパー、ペンチ

です。

加工の手順は、

  1. 2つのバケツの底を、缶切りで切り落とす
  2. バケツ(小)にドリルで穴を開ける(3ヶ所)
  3. 穴に5mmのボルトを通してナットで締める

以上です。

加工が少ないのがポイントですね。

▼加工完了の図。

ブリキのバケツは柔らかくて、缶切りで切っている間に歪んでしまいました。

もう少しスマートな方法で加工したいところです。

▼ボルトは内側から外へ。

このボルトにバケツ(中)を乗せる形になります。

▼完成形。

組み立てというか、ただ順番に重ねただけですね。

燃焼テスト

近所のキャンプ場まで出かけて、燃焼テストをしてきました。

▼良い感じに燃えました。

燃料がダンボールだったので、すぐに火が消えてしまいましたが、だいたい良さそうです。

五徳がないので、このままでは調理に使えませんが、僕の場合は焚き火遊び用なので、これでOKです。

今度はちゃんとキャンプで小枝を燃やしてみようと思います。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。