竹鶴政孝の自伝「ウィスキーと私」(復刻版)(読書日記)

シェアする

今回読んだ本はこちら。

▲いまならKindle Unlimitedで読むことができます。

1976年に出版された自伝が2014年に復刊され、それが電子書籍化されたものです。

ウィスキーはあまり飲みませんが、ニッカウヰスキーと竹鶴政孝の物語は以前から興味を持っていました。

また、これまでに余市と仙台の醸造所を訪れたことがあります。

スポンサーリンク

本の内容は?

竹鶴政孝は、ニッカウヰスキーの創業者です。

NHKの連続テレビ小説「マッサン」の主人公、と表現した方が馴染みがあるのでしょうか。

日本で本格的なウィスキーづくりを立ち上げた方です。

彼がいなければ、日本で本格的なウィスキーづくりは始まらなかったかもしれません。

この本は、彼の晩年に書かれた自伝です。

酒屋の三男として生まれ、高校(今の大学)で醸造学を学び、単身イギリスに渡って本格的なウィスキーづくりを学び、帰国して純国産ウィスキーを作ったのです。

そして彼によって山崎、余市、仙台の醸造所が生まれたのでした。

感想

自伝なので、竹鶴政孝の人となりをとても良く知ることが出来る本でした。

常に周りの人たちに感謝しつつ、志を持ってウィスキーづくりに邁進していた彼の生涯を知ることが出来て、非常に楽しめる本でした。

これまでに余市と仙台は見に行きましたが、今度は山崎の醸造所も見に行ってみたいものです。

Amazonへのリンクはこちら

Kindle Unlimited無料お試しはこちら

Kindle買うならPaperwhiteがおすすめ

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。