オリンピック聖火リレーの日程とルートが決定。ランナーの募集は2019年まで待て

シェアする

夏のオリンピックは、フルマラソン以外はあまり興味なかったりします。

どちらかというと、冬季大会の方が好きです。

でも、聖火リレーはちょっと興味があります。

スポンサーリンク

オリンピック聖火リレーの日程とルートが決定。ランナーの募集は2019年まで待て

東京オリンピックの聖火リレーに関して、リレーの日程が決定しました。

詳しい日程は、こちらの公式サイトに掲載されています。

▼東京2020大会聖火リレー|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

https://tokyo2020.org/jp/games/torch/

全体で121日かけて、東京まで聖火を運ぶそうです。

ランナーの募集は2019年まで待て

日程が発表されたので、どうやって応募したらいいのかな?というのが気になります。

選考方法はまだ決まっていません。

▼上記ページより引用

具体のランナー選考基準は、上記考え⽅を踏まえ、ランナーの⼈数、ルート等が明らかになる2019年に選考⽅法とともに決定する予定です。本ウェブサイトでも随時お知らせしてまいります。

募集はまだ先のようです。

選考基準が難しそう

選考については、各都道府県とスポンサーの枠があります。

選考基準は明確に書かれていませんが、以下のような視点で決定されるようです。

▼上記ページより引用

聖火リレー検討委員会での3つの視点

  • 日々の生活の中でも、家族、仲間、同僚などお互い支え合って、あきらめずにどんな困難にも立ち向かう人(復興・不屈の精神(支えあう心))
  • 様々な人々との違いを認めあいながら新たなものに取り組んでいる人(違いを認めあう包容力(認めあう心))
  • ランナーとして走ることで、地域の一体感を高め合うことができる人(祝祭による一体感(高めあう心))

何かしらのアピールポイントが必要、ということですか。

普通の抽選より、エントリーが難しそうです。

エントリーしなければ当選しないので、募集が開始されたらエントリーしてみようと思います。

つづく

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。