梅雨の合間をぬって、福島県の裏磐梯で一泊二日のキャンプに行ってきた

アウトドア

この週末はカヌーの師匠と仲間たちで、福島県の裏磐梯まで一泊二日のキャンプに行ってきました。

すでに東北地方まで梅雨入りしていたため、直前までお天気が心配でしたが、無事にキャンプをけっこう出来ました。

梅雨の合間をぬって、福島県の裏磐梯で一泊二日のキャンプに行ってきた

ここからは写真中心のダイジェストです。

6月16日(土)

朝7時に自宅を出発氏、東北道経由で目的地を目指します。

▼那須SAにて。

サービスエリアの定番といえば、ソフトクリームですね。

この時、外気温は12度。さすがに寒かったです。

猪苗代で師匠と合流して、キャンプ料理の材料を買い出しして、裏磐梯へ移動。

▼昼食は山塩ラーメン。

チャーシューがうまい。

▼そしていつものキャンプ場に到着。

今回集まったのは4人なのに、カヌーが3艇もあるという贅沢な状態。

クルマからカヌーを降ろして、テントを設営して、しばし休憩して、カヌーで1時間ほど遊んで、温泉に入って、それから焚き火を囲みながらお酒を飲みつつ、晩ごはんを作って食べました。

▼焚き火とビール、最高です。

しかし、外の気温はどんどん下がり、10度くらいになっていたんじゃないでしょうか。

▼焚き火台を追加。

スノーピークの焚き火台(L)と、Amazonで買った格安焚き火台を対決させてみました。

当然ながら、スノーピークの圧勝です。

贅沢に焚き火遊びをして、就寝しました。

6月17日(日)

昨日とはうって変わり、朝から良い天気でした。

▼焚き火で朝ごはん。

青空の下で食べる食事は格別です。

▼若者二人は、朝カヌー。

▼穏やかで気持ちの良い青空でした。

この写真は、iPhoneのカメラで撮影したものです。

Live Photoで撮影し、「長時間露光」のエフェクトをかけると、こんな感じに湖面のさざ波を消してくれるのです。

朝食を食べてまったりして、テントを片付けて解散となりました。

僕は疲れていたので、そのまま高速に乗って、さくっと宇都宮まで帰ってきました。

▼裏磐梯山もくっきり。

今回のキャンプの感想

  • 夏でも裏磐梯は寒い!防寒対策を怠らないようにしよう
  • 次回はマイ包丁&まな板を持参しよう
  • 次回は下ごしらえした食材を持参しようかな
  • そろそろカヌー用の靴と手袋が欲しくなった
  • いろいろ道具が欲しくなる

7月は特にキャンプの約束をしていないので、どこかで暇を見つけてソロキャンプに行こうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました