REALFORCEからHappy Hacking Keyboard Professionalに乗り換えたらタイプミスが増えた

その他ガジェット

4日前から、母艦のiMacに接続しているキーボードをREALFORCEからHappy Hacking Keyboard Professional(以下、HHKB Pro)に乗り換えました。

▼前回の記事はこちら。

iMac用のキーボードをREALFORCEからHappy Hacking Keyboardに乗り換えてみた
最近、Happy Hacking Keyboard Professional JPモデルを入手しました。 これまで使っていたREALFORCEと入れ替えてみたところ、違和感なく乗り換え出来ました。 (追記) その後、Mac...

音が静か、机の上が広くなった、トラックパッドが近くなった、などのメリットがある一方で、どうもタイプミスが増えたように感じています。

REALFORCEからHappy Hacking Keyboard Professionalに乗り換えたらタイプミスが増えた

キーボードを触っている感触は、HHKB Proの方が良好ですが、なぜかタイプミスが増えました。

体感的に3割くらい増えたかな、といったところです。

特に、速くタイプするとミスが増えやすいです。

キーボードスペックの違いを調べてみた。微妙な違いが影響しているのかも

何が原因なのか、キーボードのスペックを比較してみました。

キーピッチ:

  • REALFORCE:19mm
  • HHKB Pro:19.5mm

キーピッチはほぼ同じすが、キートップの広さはHHKB Proの方が広い感じがします。

なんとなく、HHKB Proの方が指が窮屈な感じがします。

また、指が上中下段のキーを移動するときに、時折引っかかる事があります。

キー荷重:

  • REALFORCE:変荷重(30〜45g)
  • HHKB Pro:45g

キー荷重については最大荷重が一緒です。

REALFORCEの変荷重というのは、力が弱い薬指と小指で押すキーの荷重が軽くなっているものです。

もしかしたら、薬指と小指側のキーが重いせいで、タイプミスが増えているのかもしれません。

確かに、OとかPの押し間違い(押し損ね)が増えているかもしれません。

まとめ:慣れるまでにはもう少し時間が必要

おおむね満足してはいるものの、タイプミスは生産性の低下につながるので、なるべくならタイプミスは少ない方が良いです。

キーボード自体の問題、というよりは相性なので、もう少し慣れるまで時間が必要なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました