「タッチでGo!新幹線」が開始されたのでさっそく利用開始登録を完了

シェアする

2018年4月1日から、JR東日本で「タッチでGo!新幹線」のサービスがスタートしました。

このサービスは、事前に特急券を購入することなく新幹線に乗車できるものです。

さっそくApple WatchのモバイルSuicaで利用出来るように、利用開始登録を済ませました。

スポンサーリンク

「タッチでGo!新幹線」が開始されたのでさっそく利用開始登録を完了

サービスの詳細については、こちらのWebページをご覧ください。

▼タッチでGo!新幹線:JR東日本

あなたのSuicaでかんたん乗車、JR東日本「タッチでGo!新幹線」のWEB サイトです。

「タッチでGo!新幹線」とは?

Webサイトより引用:

「タッチでGo!新幹線」とは、無料の利用開始登録をしてチャージをするだけで、新幹線の自由席に乗車できる、新しいサービスです。

もうこれできっぷを買うために窓口に並ぶことはありません!

これまでは、券売機かモバイルSuicaアプリで特急券を購入する必要がありました。

しかし、このサービスを利用すると、在来線と同じようにICカードをかざして改札を通ることができます。

ICカードにチャージされた金額から「自由席特急券+乗車券」の料金が精算されます。

「タッチでGo!新幹線」のポイントは交通系ICカードで利用出来ること

これまでは、券売機を利用せずに新幹線に乗車出来るのはモバイルSuicaのみでした。

「タッチでGo!新幹線」はSuicaのみならず、交通系ICカードであれば利用できます。

JR東日本の圏外に住んでいる人や、地下鉄をメインに利用しているのでPASMOを使っている人など、非Suicaユーザーにもかなり便利なサービスではないでしょうか。

モバイルSuica利用者でも「タッチでGo!新幹線」は自由席に乗車するときに便利

JR東日本の新幹線は、朝夕の通勤時間に自由席+グリーン車という座席編成で走るダイヤがあります。

このような自由席で乗車することが確定している場合、いちいちモバイルSuicaアプリで特急券を購入するよりは、「タッチでGo!新幹線」のサービスを利用したほうが楽チンです。

僕のように、宇都宮と東京を往復しているものの、定期券を購入していない人は、乗車する新幹線に合わせてモバイルSuicaと「タッチでGo!新幹線」のサービスを併用すると便利かもしれません。

さっそく利用登録してみた

「タッチでGo!新幹線」のサービスを利用するには利用登録の操作が必要になります。

僕の場合はApple WatchのモバイルSuicaを利用するので、「チャージ専用機」での操作が必要になります。

▼こちらが「チャージ専用機」。

この機械は、新幹線改札内と外にありますが、改札内では利用登録の操作ができないようになっていますので、ご注意ください。

Apple Watchを腕から外し、ロックを解除した状態で機械の右側にあるリーダー部分に入れます。

▼こんな感じで入れる。

画面の操作手順は、こちらの通りです。

▼ご利用方法 | タッチでGo!新幹線:JR東日本

チケットレスで新幹線自由席に乗れる「タッチでGo!新幹線」のご利用方法をご紹介します。

画面の指示に従って操作して、1分もかからずに利用登録が完了しました。

これで準備が完了です。

(つづく)

▼実際に利用してみました。

2018年4月1日からJR東日本で「タッチでGo!新幹線」のサービスが開始されました。 このサービスは、事前に特急券を購入することなく...

▼領収書が発行されないので注意!

2018年4月1日から、JR東日本で「タッチでGo!新幹線」のサービスがスタートしました。 このサービスは、事前に特急券を購入すること...
The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。