「Broken Link Checker」で過去記事のリンク切れをメンテナンスしよう

WordPress

この前の週末(2018/3/3)に、WordPress環境を有料サーバーに引っ越しました。

ついでに、サイトのURLも変更しました。

サイトのURLを変更したので、ページ内のリンク切れを修正するために、「Search Regex」というプラグインを使って、記事内のリンクを修正しました。

▼リンクを修正した話はこちら。

WordPressのサイトURLを変更したら記事内のリンクが壊れるので、プラグインを使って簡単に修正しよう
ようやく重い腰を上げて、Xdomainの無料サーバーから、有料のXserverに乗り換えました。 ついでに、これまで長かったサイトのURLを短くしようと、WordPressのサイトURLを変更しました。 サイトURLを変更すると...

「Broken Link Checker」で過去記事のリンク切れをメンテナンスしよう

基本的にはこれで問題ないのですが、念のため、プラグインでリンク切れをチェックしました。

このリンク切れをチェックするのは「Broken Link Checker」というプラグインが便利です。

▼プラグインの紹介記事はこちら。

WordPress日記:リンク切れをチェックするプラグイン「Broken Link Checker」を導入
パーマリンクの設定を切り替える準備として、設定を切り替えた瞬間に大量発生するリンク切れをチェックするためのプラグインを導入しました。 前回の記事はこちら。 プラグインは、ユーザーが多くて情報が多い「Broken Link...

このプラグインがリンク切れを発見すると、ダッシュボードで教えてくれます。

▼ダッシュボードの表示。

この青い文字列をクリックすると、リンクエラーの一覧画面画表示されます。

▼リンクエラーの一覧

このようにリストで表示されて、

  • 画像リンク
  • 内部リンク
  • 外部リンク

それぞれ、見つからないリンクと、そのリンクが含まれている記事が表示されます。

それぞれのページを確認して、修正します。

リンクを削除したり、画像をアップロードし直したり、外部リンクを掲載し直します。

すると、更新されたページは自動的に再チェックしてくれます。

▼修正後。

これで問題がなくなりました。

過去記事のリンク切れは、人力でチェックするのは困難なので、このプラグインを使うと便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました