蔵王温泉スキー場はコースが複雑、目的に合わせて駐車場を選ぼう

スキー

蔵王温泉スキー場は、志賀高原と並んで巨大なスキー場です。

頂上では樹氷が見られたり、初級から上級まで、さまざまな斜面があり、一日中楽しめるスキー場です。

コースが複雑なので、コースマップは必携

滑り始める前に、まずはリフト券を買いますが、その時に必ずコースマップを入手しましょう。

各リフトの位置、コース名、見どころなどの情報が記載されているので、非常に便利です。

コースマップを持っていないと迷子になります。

また、ホームページにもコースマップが掲載されているので、これを見ながら事前に計画を立てておくと良いでしょう。

▼ホームページはこちら。

山形蔵王温泉スキー場|蔵王索道協会
TOPページです

樹氷原へアクセスしたいなら、横倉か黒姫エリアがおすすめ

どのエリアからも、頂上にある樹氷原までたどり着くことが出来ます。

一番簡単なのは、横倉エリアからロープウェイ(山麓線、山頂線)を乗り継ぐ方法です。

次に簡単なのは、黒姫エリアからクワッドで登り、ロープウェイの山頂線に乗り継ぐ方法です。

この他にも、中森、サンライズ、上の台からアクセスする方法がありますが、乗り継ぎがかなり厄介です。

コースマップに書かれた順番にリフト乗り継げばたどり着けますが、途中で平らなところを歩く必要があります(中央ゲレンデ〜パラダイス)。

▼歩いて移動が必要なポイントは2ヶ所ありました。

 

駐車場えらびも注意

スキー場の裾野が広く、それぞれのエリアに駐車場が設けられていますが、目的に合わせて駐車場を決めておかないと、あとから移動するのが大変になります。

  • 樹氷原に行きたいか → 横倉、黒姫
  • ナイターまで滑るか → 横倉、上の台、竜山
  • 駐車場の料金を安くしたいか → 黒姫、竜山

という目的に合わせて駐車場を選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました