スキーで上達したいならホームゲレンデを作ったほうが良い理由

スキー

大人になってからスキー熱が再燃して、現在に至っています。

このスキー熱が続いている最も大きな要素は、ホームゲレンデがある事だと考えています。

ホームゲレンデがあるおかげで、一緒にスキーの研鑽を積む仲間と馴染みの先生が出来ました。

前置き:僕のスキー歴

スキーは小学1年生の時に始めました。

学校の授業(グラウンド脇の小山で滑っていた)や、親に連れられてスキー場に通っていました。

ほかの運動は全く好きにならなかったのですが、どうも昔からスキーだけは楽しく滑っていたようです。

しかし、きちんと教わったことが無く、周りの人の滑りを見ながら自己流で滑っていました。

その後、雪が降らない地域の大学に進学したこともあり、スキーから遠ざかっていましたが、7年くらい前にスキー熱が再燃しました。

東京で働きながら、週末は実家の青森に帰省してスキースクールに通う、という生活を数年続けていました。

その甲斐あって、SAJの2級に合格し、その3年後には1級に合格しました。

1級に合格するのが目標でしたが、その後もスキースクールに通っています。

ホームゲレンデで毎年スクールに通うメリット

理由1:スクールの先生に覚えてもらえる

毎年、スキースクールでレッスンを受けていると、先生にも覚えてもらえます。

覚えて貰うことが出来ると、滑りのレベルやクセに合わせて、先生からちょうど良いアドバイスを貰うことが出来ます。

また、スクールの先生毎に、アドバイスのニュアンスが違ったりするので、先生のクセも理解しながら教わることが出来ます。

理由2:仲間が出来る

スキーはオフシーズンがあるため、なかなか継続して上達することが難しいスポーツです。「三歩進んで二歩下がる」みたいな感じです。

そのため、僕のように毎年継続してスクールに通う人が結構います。同じスクールに通っていると、そんな常連の方々と仲良くなります。

やはり仲間が出来るとモチベーションが維持しやすいです。

毎年、いつもの仲間に会えるというのも、楽しみの一つです。

理由3:同じコースで反復練習が出来る

フリーで滑るときもレッスンで使用したコースを使って反復練習する事が出来ます。

数時間のレッスンだけでは、しっかり体に覚え込ませることは出来ないので、同じ斜面を何度も滑る、というのは技術の習得には必要な事だと思います。

まとめ

慣れたゲレンデ、一緒に頑張る仲間、馴染みの先生、というこれらの要素があるおかげで、今は楽しくスキーを継続できています。

このまま80歳くらいまでは、生涯スポーツとしてスキーを続けていけたらな、と思っています。

まだまだこれからも、このホームゲレンデにお世話になる予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました