サロモンX-MAX X12(16−17モデル)レビュー

スキー

先週、新しい板を買ってきました。

そして昨日、さっそく初滑りに行ってきました。

▼グランデコスノーリゾートにて。

1日滑ってみた感想を簡単にレビューします。

はじめにまとめ

  • 非常に乗りやすい
  • 板が軽い
  • キレもずらしもお任せ
  • 得意なのは中〜小回り(165cmの場合)

簡単な前置き

購入の経緯

これまで乗っていた板は、アトミックのD2 DEMO VF-Iです。

購入してから5シーズンくらい乗ったので、板がへたってきました。

そこで先日、東京は神田のショップに出かけて、店員さんに相談しました。

店員さんのおすすめが、この板だったのです。

  • VF-Iからの乗り換えなら、違和感ないはず
  • キレもずらしもどっちもコントロールしやすい
  • 中速から高速域までカバーできる
  • 170cmは大回り板、165cmは中〜小回り板として使える
  • 今年の板はグラフィック変更のみだから、去年と性能は同じ(だから去年のモデルはお買い得だよ)

特に下調べをしていなかったので、店員さんのおすすめに従って、昨年モデルの165cmを購入しました。

板について

▼商品情報はこちら(リンク先は今年のモデル)。

今年のモデルは白黒ですが、昨年のモデルは蛍光イエローを組み合わせたカラーリングになっています。

デモ板ではなくオールラウンド板でした

よく見ると、この板は「オンピステ」のカテゴリでした。

いわゆる「オールラウンド系」みたいです。

デモ板を買うつもりでお店に行ったのですが、店員さんにちゃんと伝わっていなかったようです。反省。

買い換えるときは、ちゃんと事前に情報収集しておかないといけませんね。

サロモンX-MAX X12 165cm(16-17モデル)レビュー

ようやくここからレビューに入ります。

はじめに、中の人のスペックを紹介しておきます。

  • 身長167cm
  • 体重60kg
  • SAJ1級
  • 前の板:アトミックD2 DEMO VF-I(167cm)

非常に乗りやすい

さすがはサロモンの板、乗りやすいです。

商品紹介ページにあるように、「1日中快適」と謳っているとおり、あまり頑張らなくてもそれなりに曲がってくれます。

デモ板から乗り換えたので、イージーすぎて拍子抜けしました。

楽チンな乗り味だけでなく、しっかり乗り込めば、それに応じてキレ味が出てきます。

仲間と楽しく滑るも良し、ガチで滑るも良し、といったところでしょうか。

板が軽い

軽さについては、アトミックのD2 DEMOが重い板ですから余計に軽く感じたのかもしれません。持ち上げたときに板が軽くて最初は不安でした。

滑っているときも、板を振りやすい印象でした。

センター幅が少し広いので、新雪の上でも板が沈みすぎず、デモ板よりも浮遊感がありました。

キレもずらしも自由自在

スピードを求めてキレ味を出していくことも、ずらしながらスピードコントロールすることも、簡単に切り替えが出来ました。

切れすぎず、ずれすぎず、ちょうど良いバランスに仕上がっているようです。

得意なのは中〜小回り(165cmの場合)

板にグッと乗り込むと、サイドカーブに合わせたターン弧で曲がります。

どちらかというと、中回りから小回りが得意そうです。

VF-Iと同じ感覚で乗り込むと、イメージよりも小さな弧で曲がる印象でした。

大回りの感覚を掴むのに時間がかかりましたが、なるべく板をフラット気味にして乗ると、大回りも出来るようになりました。

コンパクトなゲレンデを滑るには、ちょうど良い板かもしれません。

逆に、ひろびろとしたゲレンデを幅一杯に滑りたい人は、170cmを選ぶか、違う板を選んだ方が良いでしょう。

まとめ

非常にサロモンらしい、乗りやすい板でした。

新雪、圧雪、荒れた斜面でも、安定して一日中滑って遊ぶことが出来そうな印象です。

ちょっともの足りない感じはありますが、「スキーで遊ぶ」のが目的なら良い板かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました