春スキーを楽しむなら朝イチが勝負

スキー

もう4月になりますが、積雪が多いスキー場はまだまだ営業しています。

今日は裏磐梯にあるグランデコまで行ってきました。

▼詳しくはこちら。

積雪はまだ2m以上!グランデコの春スキーで滑り納め
関東地方はお花見で盛り上がっているところですが、まだまだスキーシーズンは終わっていませんよ。 ということで、今日は行きつけのグランデコまで行ってきました。 お天気も良くて、お客さんも少なくて、雪もたっぷりで、楽しめました。 積...

ここでは、春スキーを楽しむポイントを紹介します。

春スキーを楽しむなら朝イチが勝負

この時期のスキー場は、いくら山とはいえ気温がプラスになることが多いです。

そのため、昼間はどんどん雪がゆるんでいきます。

コンディションの良い雪を滑りたいと思ったら、朝イチに乗り込むのが必須になります。

現地に到着して、支度を済ませて、リフトの営業開始を待つくらいの気合いで向かいましょう。

営業開始から1〜2時間、雪質が良い間にたっぷり滑ろう

まずは始発のリフトに乗って、一番コンディションの良い斜面を思いっきり滑りましょう。

朝イチは人が少ないので、コースを自由に使って滑ることが出来ます。大回りでガンガン滑りましょう。

そうこうしているうちに、リフトが順番に営業開始するので、リフトを乗り継いで人が少ない斜面に移動していきます。

そんな感じで、お日さまが高くなる前に良い斜面を堪能しましょう。

雪がゆるくなったら、のんびり滑ろう

すぐに雪はシャリシャリのシャーベット状になってしまうので、コースがどんどんデコボコになっていきます。

▼シャリシャリでデコボコ。

そして雪が重いので、けっこう疲れます。

無茶して滑ると転んでしまうので、あとはのんびり景色を楽しみながら滑りましょう。

疲れたら、スキー以外を楽しもう

お昼を過ぎると、斜面はかなりデコボコになってしまいます。

午後はほとんど楽しめないと思うので、さくっと切り上げて近くの温泉に立ち寄ったり、お土産を買ったりしながら、楽しく過ごしましょう。

まとめ

この時期は天気が良くて温かいので、快適です。

無理せず楽しく春スキーを楽しみましょう。

日差しが強いので、日焼け対策を忘れずに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました