「アクティビティ」アプリを攻略したい(Apple Watch Series 3レビュー)

Apple製品、アプリ

Apple Watchの主要な機能に「アクティビティ」というアプリがあります。

「アクティビティ」アプリを攻略したい(Apple Watch Series 3レビュー)

「アクティビティ」アプリは、いわゆる「活動量計」の機能を持ったアプリです。

毎日どれくらい体を動かしているかを記録することが出来ます。

▼Apple Watch でアクティビティ App を使う

Apple Watch でアクティビティ App を使う
Apple Watch のアクティビティ App を使って、毎日どの程度動いているか (ムーブ)、運動しているか (エクササイズ)、立っているか (スタンド) を把握できます。 

このアプリの良いところは、単に記録するだけでなく、3つのリングで表示される分かりやすさと、サボらないように通知してくれることによって、やる気にさせてくれることです。

「アクティビティ」の3つのリングについて

日々の生活の中で体を動かすと、これらの3つのリングが徐々に伸びていきます。

▼3つのリング。

3つのリングは、外側から順番に「ムーブ」、「エクササイズ」、「スタンド」となっていて、リングが1周するとその日のゴールが達成です。

ムーブ

基礎代謝以外のカロリー消費です。

日々の生活の中で、立ち上がったり体を動かしたときに消費されるカロリーを記録します。

エクササイズ

その名の通り、運動した時間を記録します。運動、といっても早歩きも運動に含まれます。

1日の目標は30分です。

スタンド

毎日12時間のうち、1時間おきに立ち上がって1分以上、体を動かすと達成です。

僕の難関は「ムーブ」

「エクササイズ」と「スタンド」はほぼ毎日達成できているのですが、なかなか「ムーブ」のゴールが達成出来ていません。

普段から歩くスピードは速いので、普通に歩いて移動しているだけで「エクササイズ」は達成出来るのですが、ムーブゴールを達成するには毎日負荷のかかる運動をしなければならないようです。

デフォルトのムーブゴールは550kcalですが、普通に暮らしていると350kcal〜450kcalくらいのカロリー消費なので、もう少しアクティブに体を動かす必要があります。

こうやって日々の活動量が可視化されると、生活を改善しよう、という意識が生まれてきます。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 ▼現行のApple Watchはこちら。 ▼参考書。 注文編 ▼注文しました ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました