Logicool MX Anywhere 2 が安かったので買ってみた

その他ガジェット

Macではトラックパッドしか使っていませんが、仕事場ではもっぱらWindows環境を使っているので、マウスは必需品です。

ヨドバシAkibaでMX Anywhere 2が安売りしていたので、ひとつ購入してきました。

Logicool MX Anywhere 2 が安かったので買ってみた

安売りの理由は、MX Anywhere 2の後継モデルが発売されたためです。

▼後継モデルはこちら。

ロジクールMX Anywhere 2sマルチデバイス ワイヤレスマウス、あらゆる場所での作業向け
ロジクールMX Anywhere 2ワイヤレスマウスは、モバイル作業用に設計されています。最大3台のデバイスに接続して、Darkfieldレーザー技術によってほとんど全ての表面で動作します。

マウスを一つ買い足したいと思っていたところだったので、ちょうど良いタイミングでした。

いま職場で使っているマウスはM705tです。

▼Marathon Mouse M705t

Logitech Support + Download

特に多機能や高性能は求めていないのでM705tで十分なのですが、MX Anywhere 2が気になっていたので試しに購入してみたという訳です。

MX Anywhere 2とM705tと比較してみました。

大きさ比較

▼上から。


(左がMX Anywhere 2、右がM705t)

フットプリントは、M705tに比べると少し小さいです。

▼正面から。左右が逆になってしまいました。


(左がM705t、右がMX Anywhere 2)

フットプリントに比べると、高さはけっこう違います。

また中心部の丸みも違うので、かなり大きさの違いを感じます。

Unifyingレシーバーが小型化!

旧型で十分コンパクトだったのですが、MX Anywhere 2に付属のレシーバーはさらに小さくなっていました。

▼付属のレシーバー。

機能は一緒なので、旧型のレシーバーともペアリング出来ます。

使用感はまずまず

M7065tはしっかり握るタイプですが、MX Anywhere 2は指で挟むように持つタイプのマウスです。

持ち方が違いますが、MX Anywhere 2も操作しやすいです。

しっかり比べたわけではありませんが、MX Anywhere 2の方がポインタがスムーズに動く感じで、トラッキングの精度が高いのかな?という感じです。

今回紹介した商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました