DJI製のドローンMavic Airをレンタルして遊んでみた(4)あってよかったMavic Airの内蔵ストレージ

その他ガジェット

DJIのMavic Airというドローンをレンタルして、キャンプに持ち出して楽しんでいます。

今回は、Mavic Airの内蔵ストレージに助けられた、という話です。

DJI製のドローンMavic Airをレンタルして遊んでみた(4)あってよかったMavic Airの内蔵ストレージ

▼前回の記事はこちら。

DJI製のドローンMavic Airをレンタルして遊んでみた(3)那珂川のカヌー川下りでドローン撮影に挑戦
レンタルしたドローンを持って、キャンプに行ってきました。 いよいよ本番の撮影です。 DJI製のドローンMavic Airをレンタルして遊んでみた(3)那珂川のカヌー川下りをドローンで撮影 ▼前回の記事はこちら。 今回...

今回は裏磐梯までキャンプに出かけたのですが、Micro SDカードを自宅に忘れてきてしまいました。

Mavic AirはMicro SDカードスロット+内蔵ストレージ8GBを搭載

Mavic Airは、撮影した写真&動画データを保存する先を

  • Micro SDカード
  • 8GBの内蔵ストレージ

のどちらかに指定することができます。

今回、ドロサツ!!からレンタルした機体には、あらかじめ32GBのMicro SDカードがセットされていました。

とりあえず、32GB+8GBの容量があれば、数時間の撮影には十分です(ストレージよりもバッテリーを先に使い切るので)。

撮影したデータは、

  • Mavic AirとPCをケーブルで接続する
  • Micro SDカードを取り出して、PCに差し込む

という方法でPCに取り込むことができます。

Micro SDカードを自宅に忘れる(あるある)

一昨日、前回のキャンプで撮影したデータを取り込むために、Mavic AirのMicro SDカードを取り出して、iMacに差し込んでいました。

今回、キャンプに出かける際に、Micro SDカードをiMacから抜くのを忘れてキャンプに来てしまいました。

デジカメとか持ち歩いている人は、一度は経験したことがあるトラブルでしょう。

旅先のコンビニや家電屋さんでSDカードを買い足して、無駄にSDカードが増えていくんですよね。

内蔵ストレージ8GBのおかげで、撮影は可能

キャンプ場に着いてドローンを飛ばそうと起動させたところ、DJI GO4アプリの画面に「SDカードがエラー」と表示されていました。

あれ?と思ってMicro SDカードのスロットを確認したところ、空っぽでした。

ここでMicro SDカードを自宅に忘れてきたことに気づきます。

でも大丈夫、Mavic Airには8GBのストレージが内蔵されています。

8GBもあれば、持ち歩いているMacBookにデータを取り出しながら撮影すれば、問題ありません。

教訓:データ取り込みが終わったら、Micro SDカードはすぐに本体に戻そう

Micro SDカードを忘れないためには、

  • Mavic AirからMicro SDカードを取り出す
  • Macで読み込む
  • Micro SDカードをMavic Airに戻す

という作業を一連で行うことです。

あとでやろう、と思うと忘れてしまうんですよね。

気をつけましょう。

つづく

ストレージは8GBでなんとか運用できそうな感じです。

あとはバッテリーの運用が課題です。

▼続編です。

DJI製のドローンMavic Airをレンタルして遊んでみた(5)曽原湖で空撮してみた
DJIのMavic Airというドローンをレンタルして、あちこちに持ち出して楽しんでいます。 今回は福島県の裏磐梯エリアにある湖のひとつ、曽原湖(そはらこ)でキャンプをしてきました。 DJI製のドローンMavic Airをレンタルし...

今回お世話になった「ドロサツ!!」さんのWebサイトはこちら

▼ドローンレンタルなら、レンタル最大手の「ドロサツ!!」 7,980円~

https://www.ドローン撮影レンタル.jp

メール対応、梱包、機材の取り扱いなど、安心感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました