クリームチーズを使ってベイクドチーズケーキに初挑戦

生活雑貨、家具、家電

ヘルシオウォーターオーブンのエントリーモデル、AX-CA300を使いこなす記録です。

クリームチーズを使ってベイクドチーズケーキに初挑戦

先日、お友達のおうちに遊びに行って美味しいチーズケーキを頂きました。

自分でも作ってみたくなったので、挑戦してみました。

これまで、水出しヨーグルトを使ってチーズケーキ風のものを作ってみましたが、チーズを使ったチーズケーキを作るのは、今回が初めてです。

まずはネットでレシピを調べるところから開始しました。

だいたい、最初に作る場合は、メーカーのホームページに掲載されているレシピを参考にする事にしています。

▼今回参考にしたレシピはこちら。

ニューヨークチーズケーキ のレシピ | フィラデルフィアクリームチーズ
フィラデルフィアクリームチーズを使ったニューヨークチーズケーキのレシピ。湯せんで焼く、ニューヨークスタイルのチーズケーキ。クリームチーズをたっぷり使ってサワークリームをきかせ、コクとボリューム感を出しました。
ベイクドチーズケーキ のレシピ | フィラデルフィアクリームチーズ
フィラデルフィアクリームチーズを使ったベイクドチーズケーキのレシピ。クリームチーズをたっぷり使ったシンプルなベイクドチーズケーキです。クリームチーズがやわらかく、材料が混ぜやすいのもうれしいポイント!

材料と分量

今回の材料です。

  • ケーキ本体
    • クリームチーズ:200g
    • ヨーグルト:150g
    • 砂糖:45g
    • 小麦粉:25g
    • たまご:2個
    • パルメザンチーズ:大さじ3くらい
    • レモン果汁:大さじ1
  • ボトム部分
    • オレオ:1箱
    • オリーブオイル:大さじ2くらい

ネットで調べたレシピよりも、お砂糖を少なめにしたり、土台のレシピは適当です。

あとは、チーズのコクを出すために、隠し味的にパルメザンチーズ(粉チーズ)を混ぜてみました。

下ごしらえ

クリームチーズは室温に戻すために、冷蔵庫から取り出します。

オレオをフードプロセッサで細かく砕きます。中に挟まっているバニラクリームもそのまま使います。

細かく砕いたオレオにオリーブオイルを混ぜてペースト状にし、容器(今回はティファールの鍋)に敷き詰めます。

クリームチーズをボールに入れてかき混ぜながら、砂糖、小麦粉、たまご、ヨーグルト、パルメザンチーズ、レモン果汁を順番に入れます。

材料がしっかり混ざったら容器に流し込んで、表面の気泡をつぶしてから予熱が完了したオーブンに入れて焼きます。

▼下ごしらえ完了。

表面の気泡はちゃんと潰しました。

焼け具合を見てオーブンから取りだし、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やします。

加熱メニュー:ウォーターオーブン160度、40分+10分

ウォーターオーブンは熱量が多いので、ちょっと温度を低めにしてみました。

40分でオーブンから取りだしてみたところ、まだ生焼けだったので10分延長しました。

▼焼き上がり。

表面がしっかりきつね色になるのを期待していたのですが、なんかチーズケーキっぽくない色になってしまいました。次回は温度を上げてみましょう。

爪楊枝を刺しても生地がくっつかないので、中はちゃんと焼けているみたいです。これで良しとします。

このまま冷蔵庫で冷まします。冷めたらお鍋から取りだして、切り分けます。

実食

▼できあがり。

もうちょっと土台はうすーく延ばした方がバランスが良かったみたいです。

味は、砂糖を控えめにしたのでチーズっぽさが前に出て良い感じでした。

ただ、土台がボロボロしてしまい、持ち上げると上のチーズ部分と分離してしまいました。

今回の反省点は、

  • クリームチーズはしっかり常温に戻すこと。まだ固いままで混ぜはじめたので、材料がうまく混じらなかったです。
  • 土台の作り方は要研究、次回はきちんとグラハムクッキーと溶かしバターで作ってみようと思います。やっぱり最初はレシピに忠実に作るべきでした。
  • オーブン温度はもう少し温度を上げよう、次回は170度40分で作ってみる。

つづく?

ヘルシオ日記のまとめはこちら

徐々に追加していきます。

ヘルシオ日記のまとめページ
ウォーターオーブンのヘルシオを購入して、いろいろ料理を作ってみた記事のまとめページです。自分の備忘録として、試したレシピを記録しています。▼購入したのはエントリーモデルのこちら。旧モデルです。▼現行のエントリーモデルはこちら。▼ヘルシオの活

エントリーモデルはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました