読書日記:「諦める力」を読んで努力の仕方を考えてみた

読書

今回読んだ本はこちら。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

為末 大
732円(05/17 18:42時点)
発売日: 2013/05/30
Amazonの情報を掲載しています

読書日記:「諦める力」を読んで努力の仕方を考えてみた

オリンピックを見ている人ならご存じの、為末大さんの著作です。

正しく「諦める」ことについて語っている本です。

「あきらめる」は本来、ネガティブな言葉ではない

本来、「あきらめる」という言葉はネガティブな意味では無いそうです。

確かに、大辞林を紐解くと2つの意味が出てきます。

あきら・める [4] 【明らめる】

①物事の事情・理由をあきらかにする。 「創造の神秘を-・めて見なさい/肖像画 四迷」

②心をあかるくする。心を晴らす。 「陸奥(みちのく)の小田なる山に金(くがね)ありと申(もう)したまへれ御心を-・め給ひ/万葉集 4094」

あきら・める [4] 【諦める】

望んでいたことの実現が不可能であることを認めて,望みを捨てる。断念する。思い切る。 「登頂を-・める」

本来の意味は前者の方で、「明らかにする」という意味なのです。

「一生懸命努力したけれど、目標を達成する事が出来ない。自分には才能が無かったんだ」

自分の実力が明らかになったという事なので、ネガティブな事ではありません。

その人それぞれの才能(向き不向き)に合った道に進めば良いだけなのです。

努力と根性論

努力が実らない時、日本的な「根性論」で考えると、「いつか結果が出ると信じて努力を続けなさい」という事になってしまいます。

この本の中では、もっと気軽に違う道を選択しても良いのでは、と説いています。

目標のために、あらゆる手段を尽くすこと

為末さんは、はじめに100m走の選手として頑張って来ました。しかし、100m走の世界では勝てないと判断して400mハードルに種目を変えました。

それは逃げたのではなく、「金メダルを取りたい、1番になりたい」という彼が考えている目標を達成するために、手段を変えたのです。

まずは全力を出す事が大事

自分の才能や実力がどこまで通用するのか、それを正しく測る必要があります。

そのためには、まずは全力でぶつかってみましょう。

そして結果が出れば、それがその人の最大値なのです。

勝手に採点表

  • 本のボリューム:★★★☆☆
  • 読みやすさ:★★★★★
  • 分かりやすさ:★★★★★
  • オススメ度:★★★★☆
  • ためになった度:★★★★★

感想

彼がいたスポーツの世界を元にして話が展開されていますが、これはどの業界でも一緒だな、と思います。

まずは頑張ってみないと、それが自分に合っているかどうかが分からないですよね。

今回紹介した本はこちら

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

為末 大
732円(05/17 18:42時点)
発売日: 2013/05/30
Amazonの情報を掲載しています

▼こちらは続編。

逃げる自由 〈諦める力2〉

逃げる自由 〈諦める力2〉

為末 大
1,463円(05/17 18:42時点)
発売日: 2016/05/31
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました