Apple Event(2021年9月)雑感

Apple製品、アプリ

毎年恒例、今年のiPhone新モデルをお披露目するApple Eventが終わったので、個人的に気になったことを書き留めておきます。

Apple Event(2021年9月)雑感

Apple Eventの動画は、こちらで見ることが出来ます。

▼Appleのイベント – 2021年9月 – Apple(日本)

Appleのイベント - 2021年9月
新しいiPhone 13、iPhone 13 Pro、Apple Watch Series 7、iPad mini、iPadを発表しました。

この中では、以下の新商品やサービスが登場しました。

  • iPad
  • iPad mini
  • Apple Watch Series 7
  • iPhone 13/Pro/Max
  • Apple Fitness+

この中では、iPad miniがPro並に性能アップしたのが驚きでした。

画像はAppleの商品ページより

魅力的な製品ですけど、自分のライフスタイルには必要ないデバイスなので、スルーです。

以下、その他の雑感です。

Apple WatchのSeries 3は併売されるけど、買っちゃ駄目なやつ

新しいSeries7は、表示領域が大きくなった、防塵性能が高くなった、という順当な性能アップ派見られるようですが、血糖値や体温が測れるような新センサーは搭載されませんでした。

僕は1月にSeries 6を購入したので、買い替える必要はまったく無さそうです。

それよりも気になったのは、引き続きSeries 3が併売されることです。

Apple Eventより

Series 3はストレージ容量が小さいため、容量不足でWatch OSのアップデートが出来ない、といった問題も起きています。

今からSeries 3を購入するのはお金の無駄になるので、止めましょう。

A15 Bionicってすごいの?

iPad mini、iPhone 13シリーズに搭載される新しいプロセッサはA15 Bionicです。

A15 Bionicの性能を表現する時に、「faster than the leading competition(主要な競合製品よりも速い)」という説明をしていたのが気になりました。

普段は前モデル(A14 Bionic)と比べて何割速くなったかを説明するのに、今回はA14 Bionicとの比較がありません。

都合の悪い数字を出さないということは、A14 Bionicに対して性能差が小さいということかもしれません。

センサーシフトでハイレゾショットは出来ないのかな?

iPhone 13シリーズは、すべてのモデルで広角カメラにセンサーシフト式の手ぶれ補正が搭載されました。

センサーシフト式の手ぶれ補正があるなら、ハイレゾショット(高解像度撮影)に使えるんじゃないかなと期待しているのですが、前回(12 Pro Max)と同様に今回もハイレゾショットは無いようです。

1200万画素のセンサーだと、SNSやiPhoneの画面内で表示する分には気になりませんが、iMacで拡大表示したりトリミングする場合では、解像度が足りません。

Appleは、頑なに画素数を増やさないので、せめてセンサーシフトでハイレゾショットが使えるようになると嬉しいのですが。

おわりに

カリフォルニアの美しい景色と素晴らしい演出で、今回もまったく飽きることの無い楽しいApple Eventでした。

今回発表された新商品で購入するものは無さそうです。

iPhoneもApple Watchも買い替えたばかりですし。

iMacの新型(M1X?搭載)が登場したら欲しいですね。

Apple WatchのNikeスポーツバンドにネイビーが復活してくれたので、これは僕の青いApple Watchに合わせるために購入しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました