おでかけ日記:コミュニティサイクルを利用して都内を移動してみた(その1)

旅行

昨日は皇居ランとブログ講座の用事で出かけていましたのですが、移動経路が電車移動に向いていなかったので、コミュニティサイクル=自転車シェアリングのサービスを利用して移動することにしました。

「自転車シェアリング広域実験」とは?

東京都内の6つの区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区)が連携して、自転車シェアリングのサービスを展開しています。現在はまだ本格サービスではなく「実験」段階のようです。

以前は区毎に別々のサービスだったのですが、現在は区をまたいで乗り捨てることが出来るようになって、便利になりました。

公式サイトはこちら。

東京・自転車シェアリング広域実験(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区)

東京・自転車シェアリング(千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・江東区・品川区・目黒区・大田区・渋谷区・中野区)

僕は千代田区が一番近かったので、「ちよくる」で利用者登録を済ませました。

東京・千代田区コミュニティサイクル(レンタサイクル)-ちよくる

千代田区コミュニティサイクル[ちよくる]
千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」はどこのサイクルポートでも自転車のレンタル・返却ができるシェアサイクルです。

自転車は全て電動アシストと前かごが付いています。都内は地味に坂が多いので、電動アシストは非常にありがたいです。

自転車シェアリングの利用方法

各区のページを見ると利用開始に必要な手順が書かれています。事前準備はWebサイトでメールアドレス、クレジットカードを登録するだけです。

実際に自転車を借りる際は、

  1. サイクルポートに行く
  2. スマホでサービスのサイトへアクセスする
  3. 置いてある自転車のナンバーをサイト上で検索して、利用開始を選ぶ
  4. すると、ロックを開錠するためのパスコードが表示されるので、その番号を自転車に付いているパネルに入力する
  5. ロックが解除されるので、自転車で移動する

また、返却の際は、

  1. 返却するサイクルポートに移動する
  2. 自転車を止めてロックする
  3. Enterキーを押す
  4. 返却完了のメールが届く

と、一度覚えてしまえば難しくありません。

実際に利用してみた様子は、次の記事に続きます。

その2へつづく

おでかけ日記:コミュニティサイクルを利用して都内を移動してみた(その2)
コミュニティサイクルを利用して、都内を移動してみました。 前回は、サービスについて紹介しましたが、今回は実際に出かけた様子をレポートしたいと思います。 前回の記事はこちら。 実際に出かけてみた様子 通勤定期の経路であ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました