マラソン日記:勝田全国マラソン、DNF

マラソン大会

前回の赤羽ハーフマラソンから2週間、全く練習しないままフルマラソンの当日を迎えてしまいました。

こんな状態で完走できる気がしなかったのですが、ものは試しということで出場してきました。

マラソン日記:勝田全国マラソン、DNF

前回の記事はこちら。

https://makori.net/archives/1679

この大会に出場するのはこれで3回目です。過去2回の成績は、

  • 2014年:4時間01分30秒 ← フルマラソン自己ベスト
  • 2016年:4時間38分03秒

2014年はめっちゃ練習したんですよね。ちゃんと月間100km以上を3ヶ月続けていたのでこの記録が出せたんです。

今シーズンは3ヶ月で100kmも走っていないという体たらく、、、。

大会日和のお天気だけど、

天気は曇り時々晴れ、最高気温は10度。大会のコンディションとしてはまずまずですが、走る人のコンディションが最悪なのが非常に悔やまれます。

9時前に勝田駅に到着して、送迎バスに乗って会場入り。

着替えてスタートラインへ。

確か申告タイムは4時間半だったかな?スタートはEブロックでした。

スタート前は寒い。

スタートの号砲が鳴ってから(ってEブロックまでは聞こえませんけど)、約8分が経過してようやくスタートラインを通過。

高いところでは、毎度おなじみワイナイナさんが手を振っています。暗くて写真じゃよく分かりませんね!

いつもの如く、スローなペースでスタート。だけどいつもに増してペースが遅い。

そしてトイレが近い&お腹が空いた。朝はおにぎり3個食べたのに、足りなかったようです

5kmを越えてもペースが上がらず。かなり諦めムードで走っていました。

「いつリタイヤしようか?」「でも足を止めなければゴールに辿り着けるはず」とか考えながら、重い足を何とか動かして前に進むものの、なかなか距離が稼げない。

ラップは終始7分台。ちょっと気を抜くと7分後半に落ちてしまう。

20km付近で右脚が動かなくなり、フォームが乱れ始めたので、ぼちぼち本気でリタイアする場所を考え始める。

23km地点に収容バスが待機していたのだけど、そこでは無理して先に進んでしまいました。速攻で後悔したんですけどね。

その後もなんとかダラダラと走り続けて、そして28kmを通過したところで、収容バスを発見して乗り込む。

ここでレース終了です。

今回の記録:DNF

DNFっていうのは、Do Not Finishの略です。フィニッシュラインを通過できなかったという意味です。

ペースはフラットだったけど、全体的に遅い。全く脚が回りませんでした。

教訓:練習不足でフルに出るべからず

もっと貯金がある人は、完走できるのでしょうけど、僕の練習量と貯金不足ではやはり無理でした。

次回は2月19日の熊本城マラソンに出るのですが、さすがに完走できるレベルまでは準備しないといけませんよね。

フルマラソン完走のための参考図書

練習法はこちら。

レース当日の過ごし方はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました