マラソン日記:「茂庭っ湖マラソン」の下見をしてきた

マラソン大会

昨日はお天気が良かったので、バイクで福島県まで行ってきました。

目的は、11月に開催される「茂庭っ湖マラソン」コースの下見です。

大会HPはこちら。

湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン公式サイト
高低差100m!平均斜度6%「激坂1.7km」にチャレンジ

茂庭っ湖マラソンのコースを下見

どこのマラソン大会でも、コース図にはレイアウトと高低差が記載されています。

▼コース図(大会HPより)

遠方の大会であれば、このコース図をじっくり眺めて作戦を立てることにしています。

しかし、この図で見るのと、実際に現地で高低差を感じるのでは大きな差があります。

こちらはダムの堰堤から下流方面を眺めた写真です。

▼コースはこんな感じ。

なかなかの高低差です。

この坂道を走るか?歩くか?

上手くペース配分を考える必要がありそうです。

▼ダムの堰堤。

この堰堤を走り抜けると、あとはゴールまで一気に下るだけです。

▼湖畔の景色(ここはコース上では無い)。

この山並みが紅葉に染まって、その中を走り抜けることになります。

非常に楽しみです。

そのほかに気付いたこと

現地に行ってみないと分からないこともありました。

茂庭っ湖までのアクセスについて

茂庭っ湖の周辺は道路がしっかり整備されていますが、途中の道路がけっこうクネクネして、さらに道幅が狭い場所があります。

出場者の車が大挙して押し寄せると渋滞になるでしょう。

山道を運転するのも面倒そうなので、僕はシャトルバスを利用しようかと思っています。

飯坂温泉は高低差と路地の街

今回、レースのあとは飯坂温泉に一泊する予定です。

コースを下見したあとに、飯坂温泉の街中を通り抜けて帰ってきました。

温泉街はかなり道幅が狭く、一方通行が多く、クネクネしていて坂道が多いです。

スマホが無いと迷子になりそうな入り組んだ街でした。

観光スポットがあったり、外湯巡りが出来たりと、楽しめそうな所でした。

レースが楽しみになりました

紅葉と温泉を楽しむべく、11月まで過ごそうと思います。

良い旅ランになるように、まずは足をしっかり治さねば。

コメント

タイトルとURLをコピーしました