乾燥ひよこ豆の戻し方と蒸し方

シェアする

某勝間さんの影響で、豆をよく食べるようになりました。

今回は、わが家で常備しているひよこ豆の戻し方と蒸し方を紹介します。

スポンサーリンク

乾燥ひよこ豆の戻し方と蒸し方

ひよこ豆は、スーパーに行くと水煮の缶詰(パック詰め)が売られています。

しかし、これらの水には煮込みすぎて豆の食感がいまいちです。

手間はかかりますが、乾燥豆を購入して自分で調理するのをオススメします。

▼僕が購入しているのはこちら。

自宅で炊いたひよこ豆は、ホクホクした食感で美味しいですよ。

ひよこ豆の水煮缶よりも乾燥豆をオススメする理由

水煮缶よりも乾燥豆をオススメする理由です。

  • 食感が良い
  • コスパが良い
  • 長期保存ができる

水煮缶は数回しか食べたことがありませんが、茹ですぎで柔らかいものが多いです。

蒸したてのひよこ豆は、ホクホクした食感と歯ごたえがあって、食べ応えがあります。

また、乾燥豆は水煮缶の半額以下で購入することができる上に、乾燥した状態で密封されている豆は、長期間保存しても悪くなりません。

ということで僕は、乾燥豆をまとめて購入して備蓄しています。

乾燥ひよこ豆は茹でるより蒸す方が美味しい

乾燥ひよこ豆は、水で戻したあと茹でるか蒸すことで、食べられる状態になります。

以前は茹でていましたが、最近はもっぱら蒸しています。

蒸した方が食感が良いのと、ゆで汁に栄養が逃げてしまわない(らしい)ため、最近はもっぱら蒸しています。

ウォーターオーブンのヘルシオがあるおかげで、蒸し料理が楽になったというのも大きいですが。

ひよこ豆の戻し方。半日以上水に浸しておく

まずは乾燥豆を水に浸して戻します。

乾燥豆をお鍋やボールに入れて、水を入れます。

乾燥豆はけっこう膨らむので、水はひたひたではなく、たっぷり入れましょう。

そのまま、半日(12時間)以上、水に浸しておきます。

茹でる場合は、水に浸す時間をあまり気にしなくても大丈夫ですが、蒸す場合は豆の中までしっかり水分を吸っている状態でないと、食感が悪くなるので気を付けましょう。

ひよこ豆の蒸し方。蒸し時間は60分

乾燥豆がしっかり水を吸ったら、次は蒸します。

蒸す時間は最低で60分は必要です。

途中で味見をしながら、ホクホクになるまでしっかり蒸しましょう。

▼できあがり。

上手くホクホクに出来上がったひよこ豆は、なにも味付けしなくても美味しいです。

ついつい、つまみ食いが止まらなくなってしまうので、気を付けましょう。

あとは、スープにするなりサラダにするなり、好きなように調理しましょう。

おわりに

乾燥豆を戻す時間が必要なので、時間はかかります。

それでも、スーパーで売られている水煮よりも断然美味しいので、手間をかけても乾燥豆をチョイスしたいところです。

蒸した豆は、冷蔵庫で1週間くらい保管できるので、時間のあるときにまとめて蒸しておくというのもアリです。

▼今回紹介したひよこ豆はこちら。

▼蒸し料理もできるヘルシオのエントリーモデルはこちら。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。