MacBookで動画エンコードが大変だったので、どれくらい遅いか時間を計ってみた

Apple製品、アプリ

先日、外出先で動画を編集してエンコードする、という作業がありました。

MacBookで作業したところ、ものすごく時間がかかったりOSが固まったりと、大変な目に遭いました。

せっかくなので、MacBookがどれくらい遅いのか調べてみました。

MacBookで動画エンコードが大変だったので、どれくらい遅いか時間を計ってみた

自宅では21インチのiMacを使用していますが、お出かけ用にはMacBookを使っています。

MacBookはあまりスペックにこだわらず、2016年の梅モデル(一番低いスペック)を選びました。

梅モデルでも、写真を編集して文章を書く、という用途にはまったく問題なく使えているので、ブログを更新するという用途では大丈夫です。

MacBookで動画編集することに

今回、珍しく動画編集する機会がありました。

事前に受け取っていた動画は、自宅のiMacで編集してエンコードも済ませていました。

そして、現地で追加の動画データをもらい、そこで編集&エンコードして、まとめて納品する、という場面がありました。

その場で編集とエンコードする必要があったため、iMacではなくMacBookで作業したのですが、その時にものすごく時間がかかって大変でした。

実際にやってみて、MacBookで動画編集はやっちゃいけないのだな、と感じたのでした。

自宅の母艦iMacとMacBookの2台でエンコード時間を計ってみた

一応、どれくらい遅いのかを把握するために、時間を計ってみることにしました。

約10分20秒の動画素材をiMovieで編集し、iMacとMacBookでエンコードしてみました。

まずは使用した2台のスペックの比較です。

iMac(Retina 4K、21.5-inch、2017、松カスタマイズ)

▼基本スペック

松モデルから、メモリを増やしてSSDを変更しています。

▼Geekbenchスコア:Single 4685、Multi 14111

iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017) - Geekbench Browser
Benchmark results for an iMac18,2 with an Intel Core i5-7500 processor.

MacBook(Retina、12-inch、Early 2016、梅)

▼基本スペック

▼Geekbenchスコア:Single 2514、Multi 4996

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016) - Geekbench Browser
Benchmark results for a MacBook9,1 with an Intel Core m3-6Y30 processor.

タイムスタンプでエンコード時間を確認してみたところ、

  • iMac:114秒(2分弱)
  • MacBook:865秒(17分強)

という結果となりました。

MacBookの方が7.5倍も時間がかかることが分かりました。

CPUのスペック差以上の結果だったので、けっこうGPUの性能差も影響しているようです。

また、iMacは動画の再生時間の約2割でエンコードできますが、MacBookは動画の再生時間の1.7倍も時間がかかるという見積もりも出来ます。

おわりに

iMacは実時間よりも早くエンコードが完了しますが、MacBookの場合はかなり時間がかかることが分かりました。

あと、僕の環境だけかもしれませんが、複数のプロジェクトを一気にエンコードしていたところ、OSが固まって強制シャットダウン→再起動が必要でした。

基本的には、MacBookには動画のエンコードをやらせてはいけない、ということですね。

はじめてのマック 2019 (Mac Fan Special)

はじめてのマック 2019 (Mac Fan Special)

栗原亮
2,580円(05/17 10:24時点)
Amazonの情報を掲載しています
macOS Mojave パーフェクトマニュアル

macOS Mojave パーフェクトマニュアル

井村 克也
2,178円(05/17 10:24時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました