バイクを手放しました

シェアする

6年連れ添った愛車のバイクを手放すことにしました。

今日、無事に買い取り業者に引き取られていきました。

愛着のあるバイクだっただけに、ちょっと寂しい気分です。

スポンサーリンク

バイクを手放しました

バイクを手放した理由で大きいのが、車を手に入れたことです。

キャンプや旅に出かけるときも、ついつい車で出かけてしまうので、出番がなくなってしまったのでした。

去年は、2018年の3月に車検に出して、7月に引っ越しのために走らせた以外は、まったくバイクに乗っていません。今年もまったく乗っていません。

ほとんど乗らない割には、税金やら保険でお金がかかるため、このまま埃をかぶったまま置いておくのもなぁ、ということで手放すことにしました。

思い出話

2013年の1月に普通自動二輪の免許を取得して、その年の3月にカワサキのNinja 400Rを購入しました。

バイクを買う前は車を持っていましたが、ふとバイクに乗りたいと思い立ち、合宿教習で免許を取得したのでした。

そしてすぐ車を売却し、車のローンを一括返済して残ったお金で、バイクを買いました。

購入後は、通勤に使ったり、仲間とツーリングに行ったり、バイクにテントを積んでソロキャンプツーリングに出かけたり、あちこちに出かけて楽しく過ごしました。

ツーリング仕様にするために、トップケースと左右にセミハードケースを付けて、なんちゃってフルパニアで積載能力は結構高かったです。

Ninja400Rはフルカウルですが、比較的楽なライディングポジションで乗れるので、旅バイクにピッタリの車種でした。

▼2015年8月、雨の知床岬にて。

1週間ずーっと雨に降られた旅でした。結局、持参したテントは一度も出番なし。

▼2016年8月、佐多岬にて。

めちゃくちゃ暑くて、バイクウェアに塩が浮き出るくらい汗をかきながら、走り回りました。

バイクは買い取り業者へ

バイクは、某大手のバイク買い取り業者にお願いして引き取ってもらいました。

ネットから申し込んで電話でやり取りをして、その日のうちに出張査定に来てもらい、その場でOKしました。

走行距離が多い(2万8千キロ)のと、年式が古い割に希少価値が無いのと、あちこち傷だらけだったので、買い取り金額はまったく期待していませんでした。

まあこんなもんかな、という金額を提示されたので、即OK。

書類にサインをしたあと、バイクはトラックに積んでドナドナされていきました。

▼ついにお別れ。

おわりに

ちゃんと稼げるようになったら、またバイクを手に入れてツーリングに行けたらな〜と思っています。

ちなみに今気になっている車種は、BMWのG310GSです。

▼これ(画像はBMWのWebサイトより)。

普通二輪で乗れるBMWです。

価格もそれほどお高くないですし、チョイノリからツーリングまで楽しめそうです。

おわり。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。