ポタリング用にDAHON Boardwalk D8(2021)を購入

クルマ、バイク、自転車

久しぶりに自転車を購入しました。

今回はポタリング用ということで、DAHONのエントリーモデルであるBoardwalk D8を選んでみました。

冬も終わり暖かくなってきたので、この自転車で札幌の街中をブラブラしたいと思います。

ポタリング用にDAHON Boardwalk D8(2021)を購入

DAHONのBoardwalk D8、色は「ディープインディゴ」、写真だと黒っぽく見えますが、かなり濃いめの紺色です。

この色なら、成人男性が乗っても違和感がないかなと。

革製のロゴがオサレです。

ポタリング用に自転車が欲しい

ミニベロを購入するのは、これで2回目です。

10年以上前ですが、以前もミニベロを所有していました。

当時乗っていたのはTartarugaのType SDで、けっこうよく走るミニベロでした。

その後、オートバイを購入して自転車に乗らなくなってしまったので、手放してしまいました(そしてオートバイも今は手放している)。

札幌の街中は信号が多いため、車で出かけるのは不便ですし、今住んでいるマンションにはオートバイを置くスペースがありません。

そこで、街乗り用の自転車が欲しくなったのです。

自転車選びの条件とBoardwalk D8を選んだ理由

今回の自転車選びの条件としては、

  • 街乗りがメイン
  • いざとなったら輪行できる(電車&車載)
  • 価格が手頃なもの
  • だけど中国製の安物は嫌

といったところです。

この条件で折りたたみ式のミニベロということであれば、色々なメーカーのモデルが候補として挙がります。

しかし、最近はコロナウィルスの影響で、公共交通機関よりもパーソナルモビリティへの注目が集まっているため、自転車が品薄になっています。

さらに、自転車の旬(メーカーから出荷される時期)は秋なので、いまの時期はメーカー在庫もほとんど捌けてしまい、店頭在庫から選ぶしかありません。

結局、いくつかのお店をの在庫を見て回った結果、Boardwalk D8がちょうど良さそうだな、ということで購入を決めました。

ファーストインプレッション

今日はお店で自転車を受け取って、サドルの高さを調整したり、公園で写真を撮ったりしながら、のんびり自宅まで帰ってきました。

最初はミニベロ特有のふらつき感に驚きましたが、走っているうちに慣れてきました。

8段変速は、今のところはこれで十分かな、という感じです。平地でのスタートは3速、巡航は7速〜8速を使いました。

久しぶりの自転車なのでおしりが痛くなってしまいました。

おしりと手に負担をかけない、ただしい乗り方を思い出すまで、少し練習が必要です。

お店で自転車を受け取るときに折りたたみ方法の説明は受けていませんでしたが、事前に動画を見ていたので、折りたたむのは難しくありませんでした。

ただ、13kg弱という重量はまあまあ重いです。

自宅はマンションの4階で、エレベータがありません。

折りたたんだ状態で4階まで持ち運びましたが、疲れました。

輪行袋を肩からかけて持ち歩くとしても、この重さはキツいかもしれませんね。

自転車本体以外に必要なもの

今日はお店で自転車本体だけを購入(+防犯登録)して帰ってきました。

これからポタリングに出かけるためには、色々とアイテムを揃えなくてはなりません。

必要そうなものをざっとリストアップすると、

  • カギ(ワイヤーロック)
  • 空気入れ
  • スマホホルダー
  • ボトルケージ
  • アイウェア
  • グローブ
  • ヘルメット
  • フロントライト、テールライト
  • 輪行袋
  • メンテナンス道具、修理キット
  • スペアタイヤ

こんなところでしょうか。

書き出すとけっこうありました。これから徐々に揃えていこうと思います。

おわりに

まだライトもカギも無い状態なので、折りたたんだ状態で自宅の玄関に置いてあります。

これから暖かい季節になるので、自転車であちこちお出かけしてみようと思います。

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました