「フルーフ・デゥ・セゾン」1994年創業、秋葉原にひっそりたたずむフルーツパーラーで限定の「アイベリーパフェ」を食べる

食べ物・料理

ひょんな事から発動した「一人パフェ」ミッションを完遂させるべく、フルーツパーラーに行ってきました。

「フルーフ・デゥ・セゾン」1994年創業、秋葉原にひっそりたたずむフルーツパーラーで限定いちごパフェを頂く

お店は、地下鉄の「末広町」駅の近くにあります。

蔵前橋通りから細い路地を一本入ったところにあるお店です。

▼フルーフ・デゥ・セゾン(公式)

フルーフ・デゥ・セゾン(公式)
秋葉原にほど近い、旧神田青果市場の名残りを残す「フレッシュフルーツ&焼きたてパン」の店。卸業を営む目利きオーナーが厳選して仕入れた、市場直送のフレッシュフルーツはどれも新鮮でジューシーです。本当に美味しいフルーツを、本当に美味しい季節に、是非お召し上がり下さい。

1994年創業と言えば、僕が千葉の大学に入学した年です。

秋葉原には20年以上も通ってきましたが、こんなお店があるなんて知りませんでした。

知る人ぞ知る、東京では有名なフルーツパーラーのようです。

▼お店の外観。

外から店内を覗くと、お客さんは女性ばかりです。

ちょっと躊躇しましたが、えいやっと入店しました。

パフェは定番のものと、季節毎に入れ替わる限定メニューがありました。

冬の時期はイチゴパフェが期間限定で登場中

やっぱり限定メニューを食べなくちゃ、ということでメニューを見たところ、イチゴのパフェが2種類ありました。

普通の?イチゴパフェと、さらにレアな「アイベリー」という珍しいイチゴを使った「アイベリーパフェ」がありました。

ここは迷わず「アイベリーパフェ」を注文。

しばらく待つと、パフェが出てきました。

限定「アイベリーパフェ」

▼アイベリーがどーん!

こんな大きなイチゴは食べたことがありません。

惜しげもなくアイベリーがふんだんに乗っています。

▼一緒にホットティーを頼みました。大きさの比較。

▼アイベリーのアップ。

一口で食べるにはちょっと大きいです。

さっそくパフェ用のスプーンで一番上のイチゴをすくい上げましたが、、、大きすぎて落としました。

スプーンじゃなくてフォークで刺すか、手づかみで食べましょう。

パフェは、アイベリー、カットされたイチゴ、ホイップクリーム、イチゴのシャーベット、バニラアイス、ヨーグルトという組み合わせです。

イチゴとヨーグルトの酸味のおかげで、甘すぎず酸っぱすぎず、パクパク食べてしまいました。

お値段はちょっと高めですが、満足度はお値段以上です。

 

お店の情報

▼アクセス

▼営業時間(HPより)

[ 月・火・金 ] 10:00 ~ 19:00 (L.O. 18:30)
[  土日祝  ] 11:30 ~ 19:00 (L.O. 18:30)
[  定休日  ] 水曜日・木曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました