家電日記:食洗機の設置作業はやっぱりプロにお願いすべきだった

生活雑貨、家具、家電

ようやく、前の部屋で使っていた食洗機を設置しました。

これで食器洗いの手間から解放されます。

さて、今回も自分で設置作業をやりましたが、思ったよりも手間と時間がかかってしまったので、次回からはプロに頼もうと思います。

食洗機を設置する手順

設置の手順はそれほど難しくありません。

  • 分岐水栓を購入する
  • 食洗機の置き場所を決める
  • 水栓を分解する
  • 分岐水栓を取り付ける
  • 給水ホースと排水ホースを接続する
  • 食洗機を電源に接続する

以上です。

前回は、食洗機を購入した際に取り付け作業も一緒にお願いしました。

作業の様子は逐一見ていたので、「なんだ、簡単じゃん」と思い、引っ越し前の取り外し作業は自分でやりました。

そして、今回の設置も自分でやってみることにしました。

今回大変だったこと

いくつか大変だったことがあったので、まとめてみました。

その1:分岐水栓の購入

分岐水栓というのは、台所の水栓に取り付ける器具で、シンクに付いている水栓に取り付けて、食洗機に給水するためのホースを取り付けられるようにする器具です。

前に住んでいた部屋とは水栓の型番が違うので、この分岐水栓という器具も購入し直す必要がありました。

設置されている水栓に合った分岐水栓を調べるには、Panasonicのサイト経由で、調べることが出来ます。

ビルトイン食器洗い乾燥機 | Panasonic
卓上タイプ 食器洗い乾燥機用・分岐水栓ガイド。各メーカーごとに適切な分岐水栓を、正しく迅速に選べる検索機能とガイド集

そしてAmazonで分岐水栓を購入しました。

その2:水栓の分解には専用工具が必要

水栓の構造自体はシンプルなので、一度分解作業を見ていれば、やり方は覚えられます。

しかし、手持ちの工具では水栓の形に合わず、工具を新たに購入することになりました。

  • モーターレンチ
  • カートリッジ取り外し工具

作業を始めてから工具が足りないことに気づき、自宅とホームセンターを何度も往復することになりました。

工具を揃えることは悪いことではありませんが、果たしてこの専用工具はあと何回出番があるのか、非常に疑問です。

その3:時間がかかった

結局、作業を始めてから完了するまで4時間くらいかかりました。

手順が分かっていて、専用工具も持っていれば、1時間もかからずに作業は完了できたと思います。

まとめ

分岐水栓は必ず購入する必要はありますが、専用工具を購入したり、短時間で事を済ませるには、やはりプロにお願いすべきだったな〜と感じました。

手間とコストを省くために自分でやった結果、手間もコストもかかってしまった、という良くある話です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました