読書日記:「1日1分片付け習慣術」を読んでみたが、どこでタイトルを回収したか分からなかった

シェアする

今回読んだ本はこちら。

いわゆる普通の「片付け本」です。

他の本に書かれている内容も多くて、まあ普通の本でした。

スポンサーリンク

本の内容は?

片づけが出来ることで生き方が変わる!という導入から始まります。

毎日、片づけを習慣として実践できると自分に自信がついて、モチベーションの原動力となる、ということです。

先日読んだ「脳が冴える15の習慣」にもありましたが、毎日の生活をきちんと整えることは脳の鍛錬にも良い、という事ですね。

そのあとは、「ものを増やさないコツ」「捨てるコツ」「しまうコツ」と続きます。

このあたりは、こんまりさんの本や他の片付け本と似たような内容でした。

という感じでこの本を最後まで読みましたが、結局「1日1分」というキーワードは出てきませんでした。

1日1分の片づけをどのように行うのか?コツを紹介してくれるのかと思ったのですが、そこが謎です。

タイトルを回収しない本、というのは珍しいです。

勝手に採点表

  • 本のボリューム:★★☆☆☆
  • 読みやすさ:★★★★☆
  • 分かりやすさ:★★★☆☆
  • オススメ度:★★☆☆☆
  • ためになった度:★☆☆☆☆

通勤の途中で読み終わったので、1時間もあれば読み終わるボリュームでした。

内容はそれほど難しいことも書いていないので読みやすいと思います。

ただ、すでに片付け本を何冊か読んでいる人にとっては新しい発見は無かったかな、という印象です。

感想

今回はKindle Unlimitedだったので読んでみましたが、片付け本の初心者はやはり王道の、こんまりさんの本を読むべきでしょう。

こんまりさんの本を読んだ感想はこちらに書きました。

2年くらい前から「断捨離」を実践しています。ちょっとずつですけど。 片付いてはいるが、快適ではない 今の部屋に引っ越す前にがばーっと捨て...

それにしても、ずいぶんシリーズ化されているのですね。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。