睡眠日記:耳栓睡眠を試したら、ぐっすり眠れることが分かった

何がキッカケだったのか忘れてしまったのですけれど、以前から気になっていた「耳栓睡眠」を試してみることにしました。

睡眠日記:耳栓睡眠を試したら、ぐっすり眠れることが分かった

我が家の睡眠環境

我が家は賃貸マンションの13階で、南側の窓からはスカイツリーと隅田川と首都高6号線が見えます。なかなか眺めの良い部屋で立地は気に入っています。

しかし、首都高6号線を走る車の走行音が、寝室まで聞こえてくるのです。

それなりに距離が離れているので騒音というほどでは無いのですが、窓を閉めていてもゴーッという音が一晩中聞こえてくるとそれなりに耳障りではあります。

防音カーテンや窓に貼り付ける防音シートも考えたのですが、「無いよりはマシだが、気休め程度」という情報だったので止めておきました。

この部屋に住み始めて1年半が経ち、そんな環境にも慣れてきたと思っていたのですが、ここ数ヶ月の間はどうも熟睡出来ず、疲れが溜まっているような感覚で過ごしていました。

そこで耳栓を使ってみることに

睡眠に関する書籍は色々と出版されていますが、実はまったく読んだことがなかったりします。

それでもライフハック系の情報を日々追いかけていると、「良い睡眠」に関する記事は沢山あり、睡眠時に外的ノイズ(音、光、など)を遮断するとぐっすり眠れる、という知識だけは持ち合わせていました。

それで、ようやく試してみようと重い腰を上げたという訳です。

ネットでさらっとオススメの耳栓情報を調べて、購入したのはこちらの2種類のもの。

MOLDEX(耳に差し込むタイプ)とMacks(耳に貼り付けるタイプ)の両方を試してみました。

MOLDEXは耳穴が圧迫される感じがして、はじめは違和感がありましたが、今は慣れました。一方のMacksですが、シリコン製で完全に密閉される感じがして、ちょっと窮屈です。

MOLDEXはスポンジ状なので気圧のバランスは取れるのですが、Macksは耳抜きをしなければなりません。耳穴に吸盤を貼り付けているような感じで、ちょっと僕には合わなかったです。

現在はMOLDEXを愛用中です。

約1ヶ月、耳栓睡眠を試してみた結果

ぐっすり眠れるようになりました。

夜中に目が覚めることも少なくなり、朝までぐっすりと眠れます。前日の疲労が残る事も少なくなりました。

お陰で、仕事中に眠くなることも少なくなり、昼寝せずに仕事が出来るようになりました。

睡眠環境を整えるとこんなに違うのか、と感動してます。

まだ睡眠時間が7時間弱なので、これを8時間くらいまで延ばしたらもっとスッキリ起床できそうな気がしています。それには生活リズムを改善しなければならないのですが。

ちなみに、購入したMOLDEXのお試しセットですが、8種類入っているのですがあまり違いはありませんでした。

あと、話し声や目覚ましの音はしっかり聞こえるので、その辺は問題無いです。

まとめ:睡眠環境を整えるのは生活の基本

元々、新幹線や飛行機での移動中はノイズキャンセリングヘッドホンを愛用していた事もあり、「ノイズに晒された環境は疲れる」というのは理解していたのですが、眠る時に耳に何か付ける、というのは嫌だな~と思って試していなかったんですよね。

はじめは違和感がありましたが、慣れるとノイズが入ってこない睡眠環境が快適になりました。

これからは耳栓が睡眠時の必需品です。

熟睡出来ない人、疲れが取れない人などは試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました