ユニクロのセルフレジは自動でICタグをスキャンするので手間いらず。でも利用する人が少ないのはなぜだろう

シェアする

昨日はユニクロまで、シャツを買いにいってきました。

都内のユニクロにはセルフレジが徐々に導入されているようで、便利になってきました。

しかし、利用する人が少ないんですよね。なぜなんでしょう。

スポンサーリンク

ユニクロのセルフレジは自動でICタグをスキャンするので手間いらず。でも利用する人が少ないのはなぜだろう

向かったのは、ユニクロ アキバトリム店です。

お目当ての商品を選び、レジに向かいました。

有人レジは行列が出来ていました。

一方のセルフレジにはまったく人がいません。

店員さんが「クレジットカード決済の方はセルフレジも利用出来ます」としきりにアピールしていました。

僕はスーパーでもコンビニ(JR駅にあるニューデイズ)でもセルフレジ派なので、迷わずセルフレジに向かいました。

これがユニクロのセルフレジ

▼こちらがセルフレジの機械です。

左側が商品を置くスペース、右側がレジの端末です。

けっこう横幅があるデザインです。

  1. 商品を置く(勝手に商品がスキャンされる)
  2. アプリ会員はバーコードをスキャンする
  3. 支払い方法を選んで決済する
  4. 自分で商品を袋に詰める

以上です。

商品が勝手にスキャンされるのが未来っぽい

このレジは、商品のバーコードをひとつずつ読み込ませる、といった煩わしい操作は必要ありません。

▼この赤いエリアに商品を置きます。

すると、商品に付いているICタグを勝手に読み取ってくれます。

複数の商品を重ねて置いても、まったく問題ありません。

買い物カゴに商品を入れたまま、カゴのまま乗せても大丈夫みたいです(横で店員さんがやっていた)。

慣れれば1分くらいで会計が済ませられそう

商品点数が多くても、瞬時にスキャンが完了するので、

置く→支払う

という操作をスムーズに行えば、1分くらいで会計が終わるんじゃないでしょうか。

しかし、利用者が少ないのはなぜだろう?

以前、新宿ビックロ店でもセルフレジで買い物をしたことがありますが、その時もセルフレジはガラガラでした。

有人レジは商品をひとつずつスキャンしているので、セルフレジの方が圧倒的にスムーズなのに、謎です。

セルフレジは現金での支払いは出来ないので、現金払いの人が多いのでしょうか。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。