watchOSを4.2にアップデート、アップデートは時間のあるときに実施しよう(Apple Watch Series 3レビュー)

Apple製品、アプリ

朝起きたら、iPhoneにwatchOSのアップデートがあるよ、と通知が表示されていました。

watchOSを4.2にアップデート、アップデートは時間のあるときに実施しよう(Apple Watch Series 3レビュー)

▼Watchアプリで表示したところ。

さっそくアップデートしました。

アップデートは時間がかかるので注意!

アップデートファイルのサイズは200MBと、それほど大きなサイズではありません。

しかし、時間がかかるので注意が必要です。

僕は、すぐに終わるだろうと思ってアップデートを実行したのですが、思ったよりも時間がかかって(10分くらい)焦りました。

ちょうど出かける直前で、しかもモバイルSuica特急券を購入した直後で、受け取り処理を実行する必要があったのです。

やはりOSのアップデートは、時間(と気持ち)に余裕のある時に実行すべきですね。

今回のアップデート内容は?

Apple公式の情報はこちら。

▼watchOS 4 のアップデートについて – Apple サポート

watchOS 4 のアップデートについて
watchOS 4では、新しいSiriの文字盤、パーソナライズされたアクティビティコーチング、“心拍数” Appの新しい測定方法、改善されたミュージック体験など、Apple Watchはより賢くなり、より充実したフィットネス機能が搭載されました。

ここに書かれている内容で、もっとも興味深いのはもちろん、

  • Apple Watch Series 3で、他社製のAppがダウンヒル・スノースポーツの距離、平均速度、滑走回数、標高差を記録できる新しいワークアウトタイプへの対応を追加

ですね。

純正の「ワークアウト」アプリでは特に項目が増えず、サードパーティのアプリが対応する敷かないようです。

これからスキー用のアプリを探してみようと思います。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。 徐々に内容を追加していきます。 ▼現行のApple Watchはこちら。 ▼参考書。 注文編 ▼注文しました ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました