WordPress日記:Google AdSenseをプラグインで追加

シェアする

ブログの広告について

世の中には、ブログに貼り付けたる広告を見て「けしからん」と思う人たちもいるようです。

しかし、ブログの運営にはそれなりにコストがかかります。

サーバーやドメインの維持費だけでなく、そもそも記事を執筆すること自体、時間=コストを書けて行われている訳です。

ですから、多少なりともインセンティブがあっても良いと思うのです。

という事で、このサイトにも広告を導入することにしました。

まずは定番のGoogle AdSenseです。

どうやって広告を追加するのか?

私が昔(今から10年くらい前)、ブログを立ち上げていた頃は、せっせとHTMLコードのところに広告を手作業で埋め込んでいたものです。そのため、HTMLとCSSと簡単なJavaScriptを使いこなせるスキルが必要でした。

もちろん、今でも同じ方法で広告を埋め込むことが出来ますが、このサイトはWordPressで運用しているので、当然ながら便利なプラグインというのが山ほど存在している訳ですから、それを使わない手はないですよね。

WordPressの管理画面からプラグインの追加画面で、「AdSense」というキーワードで検索すると、たくさんのプラグインがヒットします。

定番のプラグインはいくつかあるようですが、今回はGoogle純正のプラグインを使うことにしました。

Google純正AdSenseプラグインの導入と設定

使い方は至ってシンプルです。

  1. プラグインをインストールする
  2. AdSenseのアカウントでログインする
  3. 広告を埋め込みたい場所を指定する

という3ステップで、あっという間に広告が埋め込まれたレイアウトが出来上がります。

世の中、便利になったものです。

プラグインの使い方はGoogleの公式サイトをまずは読んでおきましょう。

WordPress ユーザーが AdSense でサイトを収益化する場合、WordPress サイトに AdSense 広告コードを配置するにはいくつかの方法があります。 WordPress サイト

ちなみに、昔のブログで使っていたAdSenseアカウントがそのまま残っていて、かなり久しぶりに管理画面にログインしたところ、その当時の広告収入がまだカウントされた状態で残っていました。

とはいえ、金額が約900円なので、振り込み可能な最低金額にはほど遠い状態なのですが。

今回こそ、振り込んでもらえるのか、それともやっぱり最低金額に満たないのか。

まずはPVを増やすために、記事を溜め込まなくてはいけませんね。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。