watchOS 5.01がリリースされたのでさっそくアップデート。所要時間は40分でした

Apple製品、アプリ

Apple Watch Series 3 Nike+(Wi-Fiモデル)を使っています。

先日リリースされたwatchOS 5のパッチが昨日リリースされたので、さっそくアップデートしました。

アップデートは時間に余裕があるときに行いましょう。

watchOS 5.01がリリースされたのでさっそくアップデート。所要時間は40分でした

新しいOSがリリースされるとすぐに試したくなる人なので、watchOS 5をすぐにインストールしていました。

Watchフェイスが追加されたり、エクササイズをあとからスタートできたり、OSのメジャーバージョンアップによって、いくつか機能が追加されて便利になりました。

Appleに限らず、新しいOSにはバグが付きものです。

さっそくバグフィックスのパッチがリリースされました。

詳しくはこちらをご覧ください。

▼watchOS 5.01がリリース開始。Apple Watchが充電できないなどバグ修正が中心 – Engadget 日本版

watchOS 5.01がリリース開始。Apple Watchが充電できないなどバグ修正が中心 - Engadget 日本版
アップルは日本時間9月28日、Apple Watch向けのwatchOS 5.01をリリースしました。今回のアップデートは、watchOS

さっそくwatchOS 5.01にアップデート

watchOSをアップデートするには、母艦であるiPhoneが必要になります。

iPhoneの「Watch」アプリを立ち上げて、メニューの一般>ソフトウェア・アップデートを表示させると、アップデートのお知らせが表示されます。

▼ソフトウェア・アップデートの表示。

Apple Watchを充電器にセットしてから、インストールを始めましょう。

パッチのファイルサイズは51MBですが、ダウンロードに結構時間がかかりました。

▼アップデート完了。

この画面が表示されるまで、40分かかりました。

Apple Watch Series 3関連のまとめページはこちら

Apple Watch Series 3関連のまとめページ
Apple Watch Series 3(GPSモデル)関連のまとめページです。徐々に内容を追加していきます。▼現行のApple Watchはこちら。▼参考書。注文編▼注文しました▼NVMOユーザーはCellular通信が出来ません初期設定

コメント

タイトルとURLをコピーしました