Mac日記:Realforceに合わせてパームレストを購入

Apple製品、アプリ

iMacのタイピング環境を整備するため、純正キーボードからRealforceに交換しました。

キーマップを変更して、なんとかMacように使えるようになりました。

▼前回の記事はこちら。

Mac日記:iMacでRealforceを使うにはキーマップの変更が必要
今日もiMacと戯れています。 ▼昨日の記事はこちら。 まだ本格稼働していないiMacですが、文字入力環境の整備として、キーボードを交換してみました。 Mac日記:iMacでRealforceを使うにはキーマップの変更...

キーボードの高さに合わせて、パームレストを導入

Realforceはストロークが深いため、キートップの位置が純正キーボードに比べてかなり高いです。

そのため、手首を天板に付けたままだとキーの位置が高すぎて、タイピングしづらいのです。

ということで、パームレストを買ってきました。

▼購入した商品はこちら。

パームレストといっても、木製だったり低反発だったり、様々な素材や硬さのものが売っています。

まずは一つ目、ということでお値段もそれほど高くない物を選んでみました。

▼キーボードの前に置いた状態。

キーボードはテンキーが付いていないので、パームレストも小さめの物を選んでみました。

横幅はちょうど良い感じです。

▼横から見たところ。

この写真ではRealforceの高さ調節は低い方(足を出していない状態)ですが、この状態だとタイプしづらかったので、高くしてみました。

高くしたところ、ちょうど良い角度になって、タイピングが快適になりました。

まとめ

この手の高級キーボードは、ストロークが深いのとキーボードの作りがしっかりしているため、結構厚みがあります。

厚みのあるキーボードはパームレストが無いと手首の角度がきつくなったりするので、自分の手に馴染むパームレストを購入しましょう。

会社で使っているRealforceにもパームレストが必要なので、これとは違うモノを試してみようかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました