モバイル日記:Softbankからmineoに乗り換えて、いくら安くなったのか?

シェアする

先日、無事にSoftbankを転出してmineoに転入しました。

img_8068

前回の記事はこちら。

前回の記事はこちら。 日曜の夜に、mineoからSIMカードが届き、早速切り替え手続きを済ませました。 切り替え手順 切り...

今回は一番気になるであろう、ランニングコストの話です。

まだ最初の料金が確定していないので、だいたいこれくらいの金額ですよ、という参考にどうぞ。

Softbank時代のランニングコスト

加入しているプランとそれぞれの料金はこんな感じでした。

  • ホワイトプラン: 934円
  • パケットし放題フラット for 4G LTE: 5,700円
  • S!ベーシックパック(i): 300円
  • テザリングオプション: 500円
  • ソフトバンクWi-Fiスポット: 0円(実質無料)
  • ユニバーサルサービス料: 3円
  • 通話料: 200円~1,200円くらい

(いずれも税抜き)

と、こんな感じで、だいたい毎月のランニングコストは税込で9,000円前後でした。

最初の2年縛りが終わったあと、月々の割引きが無くなっていたので結構な額だな~というところです。

mineoのランニングコスト

mineoは、非常に料金プランがシンプルです。

  • Dプラン デュアルタイプ(5GB): 2,280円
  • 通話定額30: 840円
  • ユニバーサルサービス料: 3円
  • 通話料: ??円

Softbankに比べると料金プランがシンプルです。
まだ通話料が発生していませんが、3,400円弱です。

と、こんな感じで、Softbankの金額に比べるとずいぶん安くなりました。

パケット通信量の上限が5GBですが、今はモバイルルーターにパケット通信を逃がしているので、ほぼ使い切らないでしょう。

The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。