ベルギービールウィークエンド2019@六本木でベルギービールを楽しんだ

シェアする

毎年楽しみにしているイベント、ベルギービールウィークエンド2019@六本木に行ってきました。

ベルギービールを飲んで、イベント限定のグラスをゲットして、満足です。

スポンサーリンク

ベルギービールウィークエンド2019@六本木でベルギービールを楽しんだ

「ベルギービールウィークエンド」は、いろいろなベルギービールを手軽に飲めるお祭りみたいなイベントです。

なかなか飲むことができない銘柄、日本初登場の銘柄があったり、定番ベルギー料理が食べられたり、イベント会場ではライブやトークショーが行われたりと、楽しいイベントです。

ベルギービールウィークエンドについて

公式サイトはこちら。

▼ベルギービールウィークエンド2019

BBW2019は、名古屋、横浜、日比谷、大阪、東京の5会場45日間開催!ベルギービール、絶品グルメ、ド迫力の生ライブを味わいに最高のウィークエンドをお過ごしください!

今年は5会場で開催されました。

  • 名古屋
  • 横浜
  • 日比谷
  • 大阪
  • 六本木(9月16日まで開催中)

以前は仙台や札幌でも開催されたのですが、今年は会場数が少なかったみたいです。

僕は毎年、その年の最終イベントである六本木に参加しています。

▼六本木のメイン会場(オープン直後)。

▼夜になると、ライブも始まります。

ベルギービールウィークエンドのお気に入りポイント

今年で10回目(10年目)となったベルギービールウィークエンドですが、僕は第2回から毎年参加しています。

このイベントのお気に入りポイントは、

  • いろんなベルギービールを少しずつ楽しむことができる
  • イベント限定のグラスがもらえる
  • お祭りっぽい雰囲気が好き

といったところです。

ベルギービールウィークエンドの専用グラスとビールの価格

イベント専用のグラスは、毎年デザインが異なります。

▼今年のグラス。

全体にイラストが描かれていて、楽しいデザインになっていました。

毎年このイベントに参加して、グラスを集めるのが楽しみになってしまい、今回で9個目のグラスをゲットできました。

ごらんの通り、専用グラスは普通のビアグラスに比べると、小さいです。

一杯あたりの飲める量が少ないので、サクッと飲み干していろいろな銘柄を飲み比べることができます。

ビールは銘柄ごとに価格が異なっていて、一杯あたりコイン3枚〜5枚で飲むことができます。

コインは1枚220円(個別に購入した場合)なので、一杯あたり660/880/1100円となります。

量が少ないので、決して安くはないですね。

数量限定のお試しセットもおすすめ

数年前から、少量ずつ3種類のビールを楽しめる「お試しセット」が登場しました。

▼お試しセット(これはCセット)。

お試しセットは1,500円で、1日100セットの数量限定で販売されています。

お試しセットで飲めるビールはA、B、Cという3種類のパターンがあり、それぞれ3種類のビールを試飲することができます。

お試しセットは、飲み終わったあとにプラスチックのグラスを返却すると、イベント限定のグラスに交換してもらえます。

1,500円でビール3種類とグラスがゲットできるので、なかなかお得だと思います。

今回飲んだビールなど

お試しセット(C)を飲んだあと、コインを追加購入して、いくつかの銘柄を飲みました。

その中の一部です。

▼デュベル・オン・タップ

普段は瓶ビールで出されているデュベルが、生樽で登場しました。

ベルギービールは変わり種?のビールが多いですが、こういうオーソドックスな味も捨てがたいです。

▼「猫のブロンド」という名前に釣られて。

こちらもオーソドックスなホップとスパイスの香りが楽しめます。

▼おつまみのフリット(フライドポテト)は外せません。

おわりに

屋外でお祭り気分で飲むビールは、美味しいです。

また来年も参加しようと思います。

▼18時を過ぎると一気に人が増えて、結構混雑していました。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。