赤白(コウハク)阪急三番街店は、欧風おでん+鉄板焼きをワインと一緒に楽しめる

シェアする

「大阪に行ったらコウハクに行くといいよ」とアドバイスを貰ったので、ランチタイムに行ってみました。

カジュアルフレンチ?のお店は初体験でしたが、お手頃価格で美味しい料理を堪能してきました。

スポンサーリンク

赤白(コウハク)阪急三番街店は、欧風おでん+鉄板焼きをワインと一緒に楽しめる

お店は、阪急梅田駅の下にある、三番街というエリアにあります。

▼お店の入り口。

平日の11時ということで、すぐに席に案内してもらえました。

▼カウンター席。

▼まずは名物の欧風おでんを注文。

「大根 ポルチニーニ茸ソース」と、訳ありシャンパンを注文。

大根は必ず頼んでおけ、とアドバイスを貰っていた気がするので、迷わず注文しました。

▼スプーンで食べます。

柔らかくて甘い大根と、濃厚なポルチーニ茸のソースという組み合わせは、未知の世界でした。

▼お次は茶碗蒸し。

「フォアグラ茶碗蒸し」です。

メイン料理にもフォアグラのせを頼んだにもかかわらず、なんだか気になって注文してしまいました。

これまたソースが美味しくて、感動しました。

▼そしてメインはこちら。

「牛ヒレ肉とフォアグラのソテー ロッシーニ風」、ロッシニーに風とはなんぞや?と疑問は残りましたが、フォアグラ乗せというものを一度食べてみたかったので注文してみました。

ワインは、店員さんに相談して、ミディアムボディの赤ワインを選んでもらいました。

▼焼き加減が最高。

お肉とフォアグラを一緒にほおばると、口の中でトロトロ〜っと溶けていきました。

これはたまりません。

おわりに

これだけ食べて3,000円というのは安いのかな?(相場感が良く分からない)

ホテルでしっかりと朝食を食べてしまったため、お好み焼きまで食べることができませんでした、残念。

店員さんが気軽に話しかけてくれて、オススメのメニューを教えてもらったり、ドリンクを選んでもらったり、初心者にも優しいお店でした。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。