10数年ぶりに訪れた佐久の街は、お店が入れ替わっていた

今日からまた旅に出ています。

1日目は自宅から下道でひたすら走り、碓氷峠の旧道を越えて軽井沢に入り、佐久市までやって来ました。

久しぶりに訪れた佐久の街は、ちょっと変わっていました。

10数年ぶりに訪れた佐久の街は、お店が入れ替わっていた

軽井沢から佐久のあたりは、仕事の関係で頻繁に通っていたので馴染みのある地域です。

何年か通っていたので、だいたいの道は覚えています。

今回、10数年ぶりに街の様子を見る事が出来ましたが、ちょっと変わっているところがありました。

昔お世話になったお弁当屋さん、スキーウェアを購入したスポーツ用品店、佐久IC前の「おぎのや」が無くなっていました。

コンビニは増えていますし、大手のチェーン店があちこちに出店しています。

無くなったお店もありますが、それ以上に新しいお店が増えている印象です。

佐久市は新幹線も通っていますし、全然不便じゃないですね。

長野県ですけど、雪が少ない地域ですし、かなり住みやすいところじゃないかな、と思います。

僕としてはもっと雪がある方が好きですけど。

雑記
この記事を書いた人
まこーりー

札幌市在住のIT系エンジニア。雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。
趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。
もっと詳しいプロフィールはこちら。

まこーりーをフォローする
北の大地で試される

コメント

タイトルとURLをコピーしました