久しぶりに遅い時間にコーヒーを飲んだら、やっぱり眠れなかった件

シェアする

睡眠を改善するために、コーヒーを控える生活を続けています。

昨日は久しぶりに遅い時間にコーヒーを飲んだら、やっぱり眠れなくなってしまいました。

スポンサーリンク

久しぶりに遅い時間にコーヒーを飲んだら、やっぱり眠れなかった件

最近はコーヒー習慣を改善していて、

  • 2日続けてコーヒーを飲まない
  • 飲むときは午前中(朝食後〜昼食前)にする
  • 1日1杯だけにする

というルールを決めています。

基本的にこのルールを守るようになってから、寝付きが良くなりました。

午後にコーヒーを飲んでしまい、寝付きが悪くなった

昨日は午後からSUBARUのディーラーに出かけて、フォレスターのエンジンオイルを交換してきました。

▼待合室から作業場が見えるのは楽しい。

その時に、待合室?には無料の自販機があったので、「牛乳屋さんのカフェオレ」(みたいな名前のやつ)を飲んでしまいました。

そして、いつも通り23時まえにベッドに入りました。

ゆっくり呼吸をしながらリラックスして眠ろうと思ったのですが、頭が冴えて眠れません。

なんだかいつもと違う様子で、うーん、と考えていたところ、「あ、今日コーヒー飲んだんだった」というのを思い出しました。

しかも今回は飲んだ時間が遅かったため(15時過ぎ)、就寝時はカフェインが抜けていない状態だったのです。

まあそれでも、1時間以内には眠れたみたいですけど。

やっぱりコーヒーを飲んで良い時間帯は守ろう

暇だったのでついつい飲んでしまいました。

普段あまりコーヒーを飲まないので、コーヒーに対する耐性が弱くなっています。そのため、コーヒーを飲んだ日はカフェインの効果がてきめんなのです。

やっぱり気を付けよう、と思ったのでした。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住の元エンジニア、今は無職。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。