ESETファミリーセキュリティをmacOS High Sierra対応バージョンにアップデートする

シェアする

MacBookのOSはこまめにアップデートしていたのですが、それに合わせてESETファミリーセキュリティ(ESET Cyber Security Pro)をバージョンアップするのを忘れていたようです。

そのため、しばらくの間、セキュリティソフトが無効になっている状態でした。

今日その事に気付いて、ESETをバージョンアップしました。

スポンサーリンク

ESETファミリーセキュリティをmacOS High Sierraの最新バージョン対応にアップデートする

今日、何気なくメニューバーを眺めていたら、ESETのアイコンが表示されていないことに気がつきました。

そこで、ESETを起動したところ、こんなメッセージが表示されました。

▼サポートされていないよ。

どうやら、インストールされているESET Cyber Security Proのバージョンが古いため、macOSの最新版には対応していない、ということでした。

まさにこの状態でした。

▼macOS High Sierra 10.13 にアップグレード後、ESET製品のアイコンが表示されない

ESET製品をご利用中のMac環境を macOS High Sierra 10.13 以降にアップグレードすると、アップグレード後に「サポートされていないmacOSバージョン」のエラーメッセージが

さっそくこのページの手順に従って、最新版のインストーラをダウンロードしました。

▼インストール開始。

インストールが終わってから再起動して、ESET Cyber Security Proを起動して、最新の定義ファイルにアップデートしました。

▼オールグリーン。

これで安心です。

macOS High Sierraのアップデートパッチに合わせて、セキュリティソフトも最新版にアップデートするように気を付けましょう。

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。