日本三大桜のひとつ「三春滝桜(みはるたきざくら)」は見事な満開でした

写真

関東はもうすっかりソメイヨシノが散ってしまい、お花見も終わりかな〜という感じになっているみたいです。

今日はバイクでどこかに出かけたいな〜と思って、どこに行こうか調べていたところ、「三春滝桜はちょうど満開!」という情報を見つけたので、早起きして出かけて来ました。

いやー見事なシダレザクラでした。

解説:「三春滝桜(みはるたきざくら)」について

この桜は、福島県田村郡三春町(みはるまち)にあるサクラです。

種類はベニシダレザクラで、樹齢は1000年以上と言われています。

桜の木としては日本で最初に、天然記念物に指定されました。

そして日本三大桜のひとつです。

ちなみに、日本三大桜の残り二つは、

  • 「根尾谷の淡墨ザクラ」(岐阜県本巣市)
  • 「山高神代ザクラ」(山梨県北杜市)

だそうです。

以下、写真レポート

場内全景。

周りはひろびろとしているので、芝生に座ってのんびりお花見も出来ます。

サクラの周りには柵がありますが、手前側は木を見上げる位置まで近づくことが出来ます。

間近で見るとこんな感じ。大迫力です。

真下から見上げたところ。

周りには菜の花が植えられていて、青空+サクラ+菜の花の組み合わせで写真を撮る人がたくさんいました。

滝桜の上の方には小さな神社があり、その周りも立派なサクラの木がたくさん植えられていました。

わんこ連れでも入場できます。

このあたりは田舎らしくて良いですね。

場内マップです。

トイレも新しくて綺麗でした。

その他の情報

その他、いろいろな情報をまとめました。

アクセス方法

アクセスマップはこちら。

車でアクセスする場合には、大駐車場に車を止めることになります。

しかし、今日は駐車場の入場待ちで大渋滞でした。

公共交通機関を利用する場合は、三春駅から臨時バスが出ているそうです(有料)。

入場料は300円

お花見のシーズンだけ、入場料300円が必要になります。

道路沿いからも見えるので、入場料を払わなくても見ることは出来ますが、やはりこの桜の迫力を体感するには入場料を払って間近で見るべきだと思います。

入場券は一日有効なので、昼間はお花見をして、また夜になってからライトアップを見に行く、ということも可能みたいです。

写真撮影の人向け情報

三脚の使用、持ち込みは特に制限がないようです。

都内のサクラスポットのように人がワラワラいる訳ではないので、周りに配慮しながら三脚を立てて撮影する余裕はありました。

あと、夜はライトアップされるので、それを撮影したい場合はケーブルレリーズも忘れずに。

レンズは広角と望遠の両方が必要かもしれません。

まとめ:さすが日本三大桜!みごとなシダレザクラでした

ちょうどお花見をしていた時間帯はお天気も良くなって、青空と満開のサクラを楽しめました。

一つ残念なことと言えば、僕が持参したカメラにバッテリーが入っていなかったことです。

ゆうべ充電しようと思ってバッテリーを取り出して、今朝それを入れるのを忘れてしまったのでした。

なので、今日の写真はiPhone SEで撮影したものです(撮影後にApertureですこし補正してます)。

今回は日帰りだったのでライトアップまで見ることが出来ませんでしたが、いつかライトアップも見に行きたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました