国内最長のフェリー航路、太平洋フェリー「いしかり」で2泊3日の船旅

のりもの

先日、旅行で名古屋まで行ってきました。

その際に、往路は太平洋フェリーの「いしかり」を利用して、2泊3日の船旅を楽しんできました。

とても快適でした。

国内最長のフェリー航路、太平洋フェリー「いしかり」で2泊3日の船旅

北海道から名古屋への移動は、飛行機を利用するのが一般的でしょう。

飛行機に乗れば、半日くらいで簡単に移動できます。

ですが今回は船旅を楽しむために、長距離フェリーを利用してみました。

日本最長のフェリー航路に乗ってみたい

眠っている間に目的地まで移動してくれる、(夜行の)フェリーは便利な移動手段です。

これまでも国内旅行で、日本各地のフェリーを利用してきました。

ほとんどのフェリー航路は1泊2日で目的地に着いてしまいますが、2泊3日の行程で運航しているのは、「名古屋〜仙台〜苫小牧」、「東京〜徳島〜新門司」という2つの航路だけです。

このうち、太平洋フェリーが運航している「名古屋〜仙台〜苫小牧」の航路は、所要時間が40時間、移動距離は1330kmで、国内の長距離フェリーの中では最長の航路です。

1泊2日だと「ひと晩眠って起きたら目的地に到着」というパターンが多いのですが、2泊3日だと2日目は丸1日、船の上で過ごすことになります。

この「1日中船の上で過ごす」というのを体験してみたかったのです。

「いしかり」乗船レポート

こんな感じで2泊3日の船旅を過ごしたよ、というレポートです。

1日目

17:00ころ、苫小牧フェリーターミナルに到着。

札幌から苫小牧フェリーターミナルへの移動は、直通の高速バスを利用しました。

フェリーターミナル正面

フェリーターミナル1Fには、太平洋フェリー、シルバーフェリー、商船三井フェリーの受付カウンターがあります。

太平洋フェリーの受付カウンター前で、健康状態を確認するためのアンケートに回答して、体温測定を済ませてから、受付カウンターで乗船手続きという順番でした。

支払いを済ませ、乗船券、ルームキー(カードタイプ)、食券などを受け取って、乗船口のある2Fへ。

今回乗船する「いしかり」。2Fの待合室から

おみやげ屋さんでおやつを買ってしばらくすると、17:30ころに乗船開始となったので、乗り込みます。

今回は徒歩で乗船

乗船すると、エントランスホールの吹き抜けが目に飛び込んできます。

吹き抜けのエントランスホール
定番の記念撮影スポット

今回購入した部屋は6Fにあるので、5Fから吹き抜けの階段を上って6Fへ。

6Fの通路はブルーで落ち着いた内装
スイート系の部屋はすべて船首側

今回の部屋はセミスイートルームの602号室でした。

ホテルみたい!
広いお風呂、しかも窓付き!

部屋に荷物を置いて撮影をしていると、レストランの営業が開始したとアナウンスがあったので、レストランへ。

バイキング形式の食事

ローストビーフが美味しかったです。

バイキング形式でお腹いっぱい食べてから、出港間近のデッキへ。

19:00ちょうどに苫小牧西港を出港。

夕暮れの中を出港
フェリーのシンボルと言えばこのファンネル(煙突)ですな

出港シーンを眺めてから、船内を散策。

売店

売店には、北海道、宮城、愛知のお土産とお菓子や飲み物、フェリーグッズなどが売られていました。

プロムナード

まだお客さんが少ないため、プロムナード周辺は閑散としていました。

ただ、夕方になると2〜3人のグループが宴会を始めていました。マスクを外しておしゃべりしている人もいたので、なるべく近づかないように気をつけました。

お風呂に入ったり、部屋でくつろぎながら1日目は終了。

22:00ころ就寝。

2日目

日の出を拝むために、4:00すぎに起床。

揺れはひどくないものの、慣れない環境だったためあまり熟睡できずに朝を迎えました。

部屋の窓を開けると、外はうっすら朝焼け空でした。(注:夜間航行中は部屋の灯りが漏れないようにカーテンを閉めなくてはいけない)

部屋の窓から前面展望バッチリ

デッキへ。ちょうど朝日が昇ってきたところ。

水平線から昇る太陽
早起きした甲斐があった

7:30にレストランへ。バイキング形式の朝食を食べてお腹いっぱい。

午前中は部屋で読書したり、船内を散歩したり。

10:30に仙台港に入港。

12:00にレストランへ。バイキング形式の昼食を食べてお腹いっぱい。

12:50に仙台港を出港。

14:40ころ、船内アナウンスを聞いてデッキへ。

名古屋からやって来た姉妹船の「きそ」とすれ違い。

北行きの「きそ」とすれ違い

午後もお風呂に入ったり読書したり。

南に向かうにつれて、お天気が悪くなっていく

18:30にレストランへ。バイキング形式の夕食を食べてお腹いっぱい。

お風呂に入ったり読書したり映画を見たりして過ごす。

22:30ころに就寝。

3日目

5:30頃に起床。1日目よりはよく眠れました。

雨が降っていたため日の出も見えず。

ザーザ雨が降っている

ゆっくり朝風呂に浸かって、7:30にレストランへ。

渥美半島?を眺めながらの朝食

バイキング形式の朝食を食べてお腹いっぱい。

再びお風呂に入ってから、のんびりと下船準備のために荷物をまとめます。

定刻よりも少し早い10:10ころに名古屋港フェリーターミナルに到着。

10:20ころに下船。

フェリーターミナルからの眺め

楽しい船旅でした

期待通り、船の上でのんびり過ごす時間を楽しめました。

ケータイの電波も弱かったため普段よりもSNSチェックの頻度が下がったり、読書が捗ったり、じっくり映画を見たり、普段とは違う時間の使い方ができて良かったです。

今回はせっかくの船旅ということで、奮発してセミスイートルームを手配してみました。

船に2泊するならちょっと良い部屋に泊まろう、という選択でしたが非常に快適で良かったです。

スイート系の部屋は、全行程の食事込みとなっているため、5食連続でバイキング形式の食事となりました。

お腹が空く前に次の食事がやって来るため、胃袋の休まる暇がありませんでした。

おわりに

今度は別の航路や、逆向きにも乗ってみようと思います。

飛行機は速く移動できて便利ですが、のんびり船で移動するのも良いものですよ。

こちらの記事もいかがですか?

今回利用したセミスイートルームの紹介です。

太平洋フェリー「いしかり」セミスイートルームはコスパが良かった
先日、苫小牧から名古屋までの移動に、太平洋フェリー「いしかり」に乗って2泊3日の船旅を楽しみました。今回は奮発してセミスイートルームを利用してみましたが、とても快適でした。太平洋フェリー「いしかり」セミスイートルームはコス...

参考図書

定期便でいく豪華フェリー船旅ガイド 2019-2020 (サクラBooks)

定期便でいく豪華フェリー船旅ガイド 2019-2020 (サクラBooks)

1,430円(09/21 00:20時点)
発売日: 2019/07/08
Amazonの情報を掲載しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました