家電日記:歯医者さんもおすすめの電動歯ブラシ、ソニッケアー

既に使用されている人は多いかもしれませんが、音波式電動歯ブラシ「ブラシソニッケアー」のお話しです。

購入してからまもなく1年になろうとしていますが、相変わらず毎日愛用しています。

そこで購入の経緯と、使用感を紹介します。

家電日記:歯医者さんもおすすめの電動歯ブラシ、ソニッケアー

なんと人生初の虫歯が発覚!

去年、人生で初めての虫歯治療を行ないました。

虫歯が見つかったきっかけは、奥歯の親不知が毎日痛むので、様子を見てもらおうと久しぶり(10年ぶりくらい)に歯医者さんに行ったところ、虫歯が見つかった、という訳です。

そして人生初の「歯医者通い」生活が始まりました。

それで、何度か通院をしながら虫歯の治療をしていたのですが、その歯医者さんの待合室に「ソニッケアー」のポスターが貼ってあったのです。

「歯医者さんも進める歯ブラシかー、これで歯を磨けばこんな辛い仕打ち(?)に耐えなくて良いのかな!」と思って欲しくなったのです。

ちなみに、治療している間に親不知の痛みはいつの間にかどっかに行ってしまったので、まだ親不知は治療していません。うちでは治療できないから口腔外科に行って抜いて(実際は抜くのではなく歯を砕いて摘出するらしい)もらいなさい、と紹介状をもらってそのままだったりします。

まずは恒例の品定めから

これまで虫歯とは無縁の生活だったので、歯ブラシについてはあまり知識を持っていないので、まずは情報収集です。

電動歯ブラシっていろんなのが出てますよね?ブラシが回転するものとか、縦に振動するものとか、あとは音波式とか超音波とか、色々あるけれど果たしてどれが一番良いのだろう?

あと二千円くらいの安いものもあるかと思えば、二万円くらいの高級品までありますし。

ざざーっと調べたところ、

  • 歯医者さんのブログではソニッケアーの一択。しかも特にお金をもらわずに薦めているようだ
  • 一般の人は、ソニッケアーか、Panasonicのドルツが良い、と言っている

という感じでした。

とりあえず、ものは試しということでソニッケアーを選んでみることにしました。

(ちなみに、この記事を書くまで製品名は「ソニックケアー」だと思ってました。「ソニッケアー」なのですね)

ソニッケアーの特徴は音波水流

普通の歯ブラシはブラシで歯を磨くものですが、ソニッケアーはブラシではなく”水流”で歯を磨きます。この水流のお陰で、ブラシを軽く当てているだけで歯垢を除去してくれるわけです。

http://www.sonicare.jp/feature/sonic.html

ですから、普通の歯ブラシのようにブラシをゴシゴシ動かしたり強く当ててはいけません。

ソニッケアーはどれを選んでも基本性能は一緒

ソニッケアーにも色々なモデルがあります。どれを選べば良いのでしょう?

さらに調べてみると、

  • ソニッケアーは価格のと機能がピンキリだが、普通の歯磨き性能はどれも同じ
  • いろんなモードがあるけれど、標準のモードだけで十分
  • トラベルポーチは便利らしい
  • ブラシは新しいタイプがオススメ

とのこと。

トラベルポーチは気になりましたが、まずは最初ということで「プラークディフェンス」というエントリーモデルを購入してみました。

商品紹介はこちら。

http://www.sonicare.jp/products/PlaqueDefense/hx6291_24/

※注意※ 廉価モデルの「パワーアップ」はパワーダウン版なので購入しないように

「プラークディフェンス」よりも安価な「パワーアップ」という製品もありますが、ソニッケアーの特徴であるソニックテクノロジーが搭載されていません。

つまり、超音波振動の歯ブラシではなく、ただの音波振動歯ブラシですので、間違って買わないように気を付けましょう。

http://www.sonicare.jp/products/powerup/hx3110/

こちらのページも参考にどうぞ。

http://matome.naver.jp/odai/2137045764497677401

ここからは使ってみた感想など。

使い始め・・・ビビる

電動歯ブラシ初体験です。

まずは付属の歯ブラシを付けて、スイッチオン。

うおーーー!!びりびりくるーー!!

最初はあの振動(と音)にはびっくりしました。すぐ慣れましたけど。

歯ブラシの当て具合や磨き方を試行錯誤しつつ、徐々に慣れていきました。

説明書には2分で

でも、2分で1セットだとどうしても時間が足りなくて、だいたい1回の歯磨きで3セット(6分)くらい時間がかかってます。時間かけすぎなのかな?

歯磨きが終わったあとの感覚は、普通の歯ブラシよりもスッキリしてて良いです。

あと、ゴシゴシ手を動かさなくて良いので、楽チンです。

ブラシを交換してみた

本体に付属しているブラシ(プロリザルツの標準サイズ)は、いまいち磨き心地が悪いので、違う種類の替えブラシを試してみました。

まずはダイヤモンドクリーン。

プロリザルツよりもしっかり磨いてくれる感じがあります。

その次にインターケア。

毛先の長さが異なるので、歯間にもブラシが入り込んでくれます。

歯並びの悪い僕の場合は、これが一番良い感じです。

という事で、インターケアのミニサイズを常用することにしました。

最近、アダプティブクリーンという新しいブラシも登場したようですが、ブラシのデザインを見た感じでは僕にはインターケアーが良さそうです。

独断と偏見の商品レビュー

恒例の採点コーナーです(5点満点)。

価格:★★★★☆~★★☆☆☆

モデルによって価格差が大きいです。

特に好んで高級モデルを購入する必要はないと思います。

一番安価なモデルだと、Amazonで五千円くらいで買えるようです。普通に自宅で歯磨きをするのであればトラベルポーチとか必要ないので、これで十分でしょう。

デザイン:★★★★☆

可も無く、不可も無く、スッキリした見た目です。

僕は手が大きいのでこのサイズでも大丈夫ですけど、手が小さい人にはちょっとグリップが大きいかも。

あと、電池やらモーターが入っているので、それなりに重いです。でもゴシゴシ動かすことは必要ないので、重さはそれほど気にならないかと。

充電池:★★★☆☆

カタログ上では「フル充電で一週間使い続けられます」と謳われているので、充電ケーブルを持たずに一週間の出張に出かけてみました。

しかし上記の通り、僕は一度の歯磨きで数セット動作させるため、4日くらいで電池が切れてしまいました。

やはり数日間の出張には充電ケーブルを持っていくのが安心のようです。

付属品:★★★☆☆

本体、替えブラシ(1本)、充電器がセットになっています。必要最低限ですね。

上位のモデルになると、替えブラシの種類が変わったり、充電台にもなるコップが付いていたり、トラベルポーチ(充電対応と非対応)が付いていたり、紫外線除菌が出来たりと、付属品が充実します。

個人的に、仕事での出張が多いので、充電対応のトラベルポーチだけ欲しいのですが、ソニッケアー製品は買えブラシ以外の付属品は別売りをしていないので、ダイヤモンドクリーンに買い換え(買い増し)するしか手がないようです。

スッキリ感:★★★★★

磨いたあとの口の中のスッキリ感は、普通の歯ブラシに比べると全然違います。

たまに外出先(ホテルなど)で普通の歯ブラシを使うことがありますが、きちんと磨けた感じがしなくて、気持ち悪いです。

まとめ:みんなにおすすめ

はじめは戸惑いましたが、慣れると普通の歯ブラシには戻れません。非常に快適です。

  • 疲れない
  • 短時間
  • スッキリ
  • ブラシも長持ち(3ヶ月を目安に交換)

ソニッケアーに取り替えてから歯科検診を何度か受けていますが、磨き残しがあると指摘されなくなりました。

さすがは「歯科医が薦める」と謳っているだけはありますね。

今回紹介した商品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました