モバイル日記:BOSE QuietControl 30とQuietComfort 3を新幹線の中で比べてみたよ

シェアする

前回の記事は購入直後、自宅で使用した感想を書きました。

前回の記事はこちら。

そして今週は、おあつらえ向きに新幹線で移動する出張があったので、その新幹線の車中で使用してみました。もちろん、QuietComfort 3も持参して、聞き比べてみました。

img_7933

写真にフレームインしているMeltykissは車中でのおやつです。冬の定番商品ですね。

結論:QuietControl 30の圧勝!

当然です。

QuietComfort 3は2006年に発売された機種、QuietControl 30は2016年に発売された機種です。BOSEの10年間の研究の進化が非常に良く分かる結果となりました。

自宅(室内とベランダ)で試した時は、それほど差を感じなかったのですが、やはりノイズが大きい場所では、想像以上にハッキリとした差が現れました。

もう少し詳しく説明しますね。

QuietControl 30の印象:

  1. 低域と高域のノイズをしっかり抑えている
  2. ノイズの消し方にクセがあるようで、NCの強さはMaxが一番良い訳ではないっぽい。新幹線(東北新幹線)の車中では、MAXだと「コー」という音で、90%くらいにすると「シャー」という音になる。個人差があると思うが新幹線の車中では90%の方が快適だった
  3. 外の音を遮断しすぎるので、アナウンスが聞こえづらい。駅のアナウンスを聞くには40%くらいまで弱める必要あり
  4. 音に固さがあるのは、慣らし前だから?

QuietComfort 3の印象:

  1. QuietControl 30から付け替えたら、全然ノイジーで驚愕した
  2. 特に高域のノイズが全く抑えられていない
  3. 音の雰囲気はQuietControl 30より余裕がある

といったところですね。

新幹線の車内ノイズのレベルを100%とすると、QuietComfort 3は70%くらい、QuietControl 30は30%くらいに抑えてくれる感じ。

さすが10年分の性能差がハッキリと現れた結果でした。

QuietComfort 3を使用していた時は快適に使用できていたのだけど、いちどQuietControl 30を使ってしまったらQuietComfort 3を併用するのは厳しいかな〜と思えてきました。

その他の感想

徒然なる感想です。

  • やっぱりワイヤレスは便利だな〜
  • でもラグがあるからゲームには向かないね
  • カナル型ではなく、オンイヤー型の特殊形状なので装着には慣れが必要。きちんと装着しないとノイズが侵入する
  • 当然ながらBluetoothを使うのでiPhoneのバッテリー消費は増える
  • QC30のバッテリーは、普通に通勤で使う分だと2〜3日は持ちそう。Micro USBケーブルがあればどこでも充電できるし、充電の心配は不要かも
The following two tabs change content below.
札幌市在住のIT系エンジニア。 雪を求めて2019年12月に、関東地方から北海道へ移住。 趣味はスキー、マラソン、料理、ガジェット、ドラクエウォークなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。 ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」のある暮らしを求めて、札幌市へ移住。 もっと詳しいプロフィールはこちら。