「ホメホメ会」に初参加!ポジティブ空気でパワースポットを作り出す楽しいイベントでした

シェアする

今日はブロガー繋がりのお友達「かずいち」さんが主催する「ホメホメ会」というイベントに参加してきました。

▼かずいちさんのブログはこちら。

サラリーマンブロガーのかずいちが実際にやってみたことをお届けします

仕事で疲れ切った土曜日の朝に、平日と同じく早起きをして、宇都宮から東京の渋谷某所に向かいました。

スポンサーリンク

「ホメホメ会」に初参加!ポジティブ空気でパワースポットを作り出す楽しいイベントでした

今回、初めて参加しましたが、この会はすごいです。

「ホメホメ会」って何?

名前の通り、ひたすらほめあう会です。

と簡単に表現してしまうと、なんて事ないように見えますが、この会で使っている小道具(というかメイン道具)がとても良い役割を果たしています。

「ほめゲーム」というカードを使います。

▼ほめゲームのカード。

このカードには、お題が書かれています。

一人がそのお題に即してエピソードを発表して、他の人がそのお題に即してほめまくります。

このようにお題が与えられることで、ほめる人も、ほめられる人も、お題に沿って考えるので、発言しやすいのです。

▼こんなお題があります。

ほめられたら謙遜せずに、全力でを受け止めること

この会にはルールがあります。

  • 決して、ネガティブなことを言わないこと
  • ほめる側は全力でほめる
  • ほめられた人は、謙遜せずに全部しっかり受け止めること

特にこの3番目のルールがポイントです。

自己肯定感が低い人は、ほめられてもなかなか素直に受け止めることが出来ません。

「いやいや、そんなこと無いですよ」「いやいや、大したことないですよ」と、ついつい謙遜というか、ポジティブな言葉に対応出来ないんですね。僕もそんな一人でした(過去形)。

そこをあえて、全力で受け止める。ある種の心のトレーニングにもなるんです。

「ホメホメ会」のここがすごい

すごいところを挙げてみます。

  • カードでお題が設定されるので、難しく考えずに発表出来る
  • みんなが順番に話をしていくので、誰かが喋りっぱなしという事がない
  • 長所を話しても、恥ずかしい経験を話しても、すべてポジティブなフィードバックが返ってくる
  • 発表した内容に対して、一人一人受け止め方が違うので、ほめる言葉も一人一人違って面白い
  • コミュニケーションが全てポジティブな形で行われるので、当然、初対面の人は好印象しか残らない

人と仲良くなるためのツールとしては最強じゃないでしょうか。

って、これ合コンとか婚活パーティで使ったら、めちゃくちゃカップル誕生するんじゃないですか?

多分主催者が一番得をしている

当然、主催者はすべての会に参加することになります。

つまり、主催者が一番ほめて貰う量が多いのです。

ほめて貰う量が多いと、どんどん自己肯定感が高まっていくと思うのです。

主催者の役得がヤバいですねこれは。どんどん主催しちゃってください。

感想

参加する前は「ほめられてどう反応したらいいんだろう」「どうやってほめるポイントを見つけたらいいんだろう」とあれこれ心配していました。

でも、実際に参加してカードを引いて、自分で発言をして、それに対してほめてもらって、素直に「ありがとう」と言えました。

少し前の僕だったら、ここまで素直に受け止められなかったと思います。

今受講しているTLI講座のおかげで、自己肯定感が高くなったのかもしれません。

参加して良かったです。おかげさまで、土曜日の朝からとても良い気分になりました。楽しい週末を過ごせそうです。

主催者のかずいちさん、ありがとうございました。また参加します!

The following two tabs change content below.
宇都宮市在住のエンジニア(今のところは)。 趣味はスキー、マラソン、バイクツーリング、料理、カメラ、ガジェットなど。 Windows95の時代からインターネットに接続し、インターネット歴は20年以上。ぼーっと過ごしているうちに、あっという間に40代を迎え、このままでいいのだろうか?と不安に感じる。 40歳になったことを機に、2016年1月に3度目のブログを開設。 「時間とお金の自由」を求めて、日々の生活と、趣味にまつわるブログ記事を更新中。 一番好きな「スキー」を仕事にするために一念発起し、人生の方向転換中。 もっと詳しいプロフィールはこちら。